一生つきあいたい本を持っていますか? 多くの本に出会いたい人におすすめ 幅広いジャンルの本の要約が読めるflier(フライヤー)

色々なフェイズで、繰り返し何度も読んで確認したり、再度学ぶことができる本を何冊も持っている人は、とても幸せです。

最近は良い本に出合う機会が減ったような気がします。以前は本屋で立ち読みして、何となく気になる本を手に取ることも多かったのですが、コロナ禍ということもあり、その機会も更に減っています。

そんな人におすすめなのが、幅広いジャンルの本の要約がよめるフライヤーです。

一生つきあいたい本がありますか?

色々な人に聞くと、一生つきあいたいと思う本は、2種類あるようです。

一つのカテゴリーは感性に訴える文学作品です。もう一つは生き方や、考え方について書かれた本たちです。

前者のカテゴリーは、人の感性により異なるのですが、古典文学や明治から昭和の初期に書かれた文学を挙げる人が多いようです。

後者のカテゴリーは、ノウハウ本的なところもあります。よりよく生きていくための考え方やノウハウが詰まっている本です。

そこには、その時代の真実がかかれていますが、時間の経過とともに真実と思っていたことが、真実でなくなることもあります。特に科学的なことは、その後新しい事実や知見が発見されて、本の価値を下げてしまうこともあります。

一生つきあえるノウハウ本って?

一生つきあえるノウハウ本といっても少し分かりにくいので、私がつきあっている本を何冊か紹介します!

7つの習慣

この本は、ビジネス書として紹介されることも多く、私も会社の研修で紹介されたのを覚えています。1996年にスティーブン・R・コヴィーによって書かれた世界的なベストセラーです。

成功者たちの共通点を観察し、その原則を「7つの習慣」としてまとめたものです。内容は、ビジネス書の範囲を超えており、成功するための考え方や人生哲学みたいなことが書かれています。

メンタルタフネス

この本は、就職してメンタルの弱さを痛感していたときに、探して出合った本です。スポーツ心理学の権威であるジム・レーヤー著作です。心の強さは一体どうすれば高めていくことができるかの方法論を書いた本です。

肉体・情動・頭脳・精神の4つの領域のエネルギーが十分に満たされている時(フルエンゲージメント)、パフォーマンス、健康、幸福度は最も高くなるという考え方です。

脳内革命

ポジティブ意識の大事さが書かれていると聞いて本屋さんに行き購入した本です。1995年の春山茂雄の著書で410万部の超ベストセラーを記録しました。

内容は、食事・運動・瞑想の重要で、それらを包括するプラス発想が大事ということが書かれています。現在読んでも違和感はありません。

イチロー262のメッセージ、不動心

子供の頃から、野球ファンということもあり、イチローと松井が書いた著書です。何といっても偉大な記録や活躍をした野球人の著書は説得力があります。

もちろん、これらの本を現在読むと違和感を感じるところもありますが、それも含め再度学びや新しい発見があります。

一生つき合いたくなる本は、出合ったタイミングによっても異なるようです。ここで取り上げた本たちは、これから社会で活躍しようとしていた比較的若い時に出合った本たちで、日々悩んでいる心に触れるような本です。

最近は少し人生のフェイズが変わったせいか、体の維持に関する本や心の持ち方の本などに興味を持つようになってきました。

これらの本は、やや古い本ですが、まだまだ新しい読者もいます!

電子書籍と紙の本の両方を扱う総合書店のhontoで購入することができます。

多くの本と出合うのは難しい!

最近は、本から知識を入れるより、YouTube動画やネットから手軽に知りたいことを知る人が多くなりました。本屋に行く機会も以前に比べ格段に減ってしまっているので良い本たちに出合う機会は更に減っています。

本は動画と違って自分から向かい合わないと頭に入ってきません。でもその分一度良い本に出合うと、繰り返しタイミングを変えて読むとまた新しい発見があったりします。

恐らくは良い本がたくさん出版されているはずなのですが、タイミングや機会がないために出合わない本がいっぱいあるのがとても残念です。

何か良い方法がないかと探していたときに、本の要約が読めるサイトflier(フライヤー)を見つけました。時間の無い人やより多くの良い本と出会いたい人にはとてもおすすめのサイトです。長い時間かけて読んで、結論はそれ?とがっかりした人にもおすすめです。

このサイトで気になる本を見つけて、実際に読んでみるのがおすすめの使い方です!!

 

おすすめのアプリ flier(フライヤー)

選書の方法は?

社内外の有識者が集まる「選書委員会」で選書しています。 年間6,000冊出版されるビジネス書・実用書・教養書から今読むべき本を厳選します。要約数は2,600冊を超え、話題のビジネス書やベストセラー・名著が毎日1冊追加されています。

要約の信頼性は?

要約された文章が著者の意図からずれていることはないかは、少し気になるところです・・

プロのライターが要約を執筆した後、出版社/著者に確認し、許諾が得られた要約のみを公開しているそうです。要約を読むことでネタバレもありそうですが、より多くの本に出会い、少ない時間の中で、自分の読みたい本や合った本を選べるのはとてもありがたいことです。

また音声再生機能がついているので忙しい人や面倒くさがりの人にはとても有難い機能です。

まとめ

動画などは、期待外れな場合は見るのを止めればよいし、早送りなどもできます。本を読むには、意外と時間がかかります。また読んだ結果、内容が期待通りでない時には時間とお金が2重で残念な気持ちになります。

今回紹介したサービスのフライヤーはそんなことで悩んでいるいる人の助けになりそうです。私も数冊読んでみましたが、なるほどと感じました。

半面、瀬戸内寂聴さんの「今を生きるあなたへ」を要約で読んだときは、なんか違和感は感じました。

要約はうまく使うことが大事です。ぜひぜひ良い本との出会いを祈って祈っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です