夢の配当生活 一体どれ位の株式があると可能なの? 高配当の株を購入する時の注意点は!?

サラリーマンから解放されて3年目になります。最近、再度生活費の計算をしてみましたが、なかなか厳しい状況です。

夢の配当金生活は無理としても、あと月5万円ぐらいあると助かるのですが・・

株の投資も少しやっていますが、配当狙いという視点では全くダメです。月5万円の配当を得るための投資額や注意点を考えてみました。

株式投資で資産や利益を増やす方法は!

一般的に、株式投資で資産や利益を増やす主な方法は

①短期保有での株価上昇(デイトレーダーなど)の利益(キャピタルゲイン)
②長期保有での株価上昇による利益(キャピタルゲイン)
③長期保有での配当による利益(インカムゲイン)
④長期保有での株主優待品による利益

こんな感じでしょうか。私の場合はデイトレーダーのように短期で売り買いすことはほとんどありません。

どの方法を選択するかで、購入する株式も当然変わってきます。

このうち配当や株主優待で利益を期待する場合は、配当利回りが高いのはもちろん、会社自体が堅実で、むしろ大きな株価の変動は嫌われることもあります。

参考記事「株式投資で得られる利益には、どんなものがありますか?

5万円/月の配当を得るためには?

それでは株式投資で、月5万円の配当を得るためにはどれぐらいの投資が必要になるのでしょうか?

最初に配当に関する指標を2つ確認しておきます。

配当利回り:配当利回りとは、株価に対して1株当たりの配当金が多いか少ないかを知るための指標
配当性向:配当性向とは、企業が稼いだ利益のうち何%を株主に「配当金」として分配するかを示す指標

配当利回り(%)=1株当たりの年間配当金額/1株購入価額×100 で計算できます。

配当を出している国内の会社の配当の利回りの平均は2%前後と言われています。

また、ネットや雑誌などでは配当利回りが4%を超えると高配当と言われています。

配当生活をするには、頑張って持ち株の平均配当利回り上げていくことが必要です。

◆5万円/月の配当の計算

5万円/月の配当は年に換算すると60万円になります。

必要な投資額を平均配当利回りごとに計算すると

平均配当利回り 3.5% ⇒ 投資額 1,714万円
平均配当利回り 4.0% ⇒ 投資額 1,500万円
平均配当利回り 4.5% ⇒ 投資額 1,333万円

となります。

なかなか厳しい投資金額ですが、普通預金に比べると夢のある金額です。

確認して分かったNGな投資

我が家の投資の状況について確認してみました。

2020年の平均配当利回りは、

平均配当利回り 1.35%

でした。なんと国内の平均配当利回りの2%にも届いていません。

そもそも、それほど明確な狙いを決めて投資をしていませんでした。

狙いごとの株数で確認してみると、圧倒的に株価上昇(56%)が多く、株主優待(32%)、高配当株(12%)です。

配当利回りが3.5%以上のものを高配当株として分類しました。

一般的には、株価上昇が期待できる株の多くは利益を配当にまわすのではなく、会社の発展の費用にまわす場合が多いので、配当利回りは低くなります。

投資の改善策は?

投資の狙いが曖昧のため中途半端な投資になっています。

特に長期保有で株価の上昇による利益を期待する株の割合が多く、資金の回転が止まっているのがあまり良くない感じです。

一度購入すると、その会社に愛着が出てしまい、ついつい長期に保有してしまう側面もあります。

最初に検討したとおり、配当生活(まずは5万円/月)を目指すため平均配当利回りを3.5%に持っていく必要があります。

◆高配当株を買うときに注意することは

こちらも一般的に言われていることですが

注意するポイント 確認ポイント
企業業績は良好か 売上高や経常利益の推移
財務体質は健全か 自己資本比率や負債比率
過度な高配当ではないか 配当性向

早速幾つかの株を売り、このポイントで高配当の株を購入しました。

銘柄 配当利回り 配当性向 自己資本率
スクロール (8005)  5.51% 40.10% 53.40%
野村ホールディングス 5.70% 69.80% 6.34%
ソフトバンク  5.90% 82.80% 12.37%
コニカミノルタ 4.11% 41.54%

スクロールは、生協向けカタログ通販からM&Aでネット通販等へ展開している会社です。コニカミノルタは、情報機器のメーカです。

業態によって配当性向や自己資本率は変わります。スクロールを除いた3社は大企業です。

この中でコニカミノルタは少し特別で、一時期株価が下がったときに購入しました。

配当利回りはその性質上、株価が下落することで上昇します。得られる配当金が変わらないのであれば、株価が下落することで必要な投資額も少なくなるのですが、やや冒険の要素もあります。

fまとめ

夢の配当生活(実際は5万円/月)を目指すことを目標にしました。

暫くは株式の入れ替えが必要ですし、絶対投資額も足りてません。できれば近い将来に目標を達成したいですね。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です