田舎暮らしの楽しみ 花を楽しむ 桜の銘木 北杜市 山高神代桜と韮崎市 わに塚のサクラ

田舎暮らしの楽しみの一つは、きれいな花をみることです。特に桜の季節はあちこちで桜が咲きます。今回紹介する2本の桜の木は山梨県だけでなく、全国でも有名な桜の銘木です。

山高神代桜は、日本3大桜に数えられ約2000年、わに塚の桜は約330年の樹齢を誇る古木ですが、どちらも毎年きれいな桜の花を見せてくれます。

白州にある我が家の山小屋からは、どちらも車で30分以内です。少し早めですが(3/26)見に行きました。

山高神代桜(やまたかじんだいざくら)

神代桜の場所

山高神代桜は、北杜市武川町にある實相寺にあります。このお寺には、この神代桜だけでなく、日本3大桜の子桜や他の銘木の子供たちが花を咲かせています。また桜の時期には、同時に10万本の水仙やチューリップ、その他の花々が咲いています。

山梨県北杜市武川町山高2763

 

住所:山梨県北杜市武川町山高2763
アクセス:中央本線日野春駅からタクシーで約10分、車で首都高初台から中央道須玉ICへ。高速を降りて約15分で實相寺、首都高初台から中央道韮崎ICへ。高速を降りて約20分で實相寺です。

實相時のHPはこちら

神代桜のようす

写真を見てもらうと分かるのですが、幹はかなり歴史を感じさせますが、咲いている花はとてもきれいで、たわわな花の塊りをつけています。樹齢2000年の木がつける花とは思えないほど勢いを感じます。

「神代桜は、樹齢2000年とも言われるエドヒガン種の古木で、日本三大桜の一つとされております。(岐阜県本巣市「薄墨桜」・福島県三春町「滝桜」) 伝説によると、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)が東国へ遠征された際この地に立ち寄られ、記念にこの桜をお手植えされたと伝えられています。 幾度となく自然災害にあい、最盛期の大きさに比べると小さくなったものの、高さ約10メートル、東方に太く力強い枝を伸ばし、周囲約12メートルもあります。」實相寺HPより抜粋

神代桜は、現在樹勢回復事業を行っています。近年はネコブセンチュウ病により樹勢の衰えが心配されています。

境内側から見た神代桜です。

幹から両側に枝が伸び花がついています。

こんなに立派な花が咲いています。花が塊りになっているのが分かります。

寺の外側からみた神代桜の幹です。歴史を感じさせます。

寺の外側から神代桜のようすです。

境内のようす

實相寺の境内のようすを紹介します。日本3大桜の小桜やチューリップ、水仙がとてもきれいに咲いています。

實相寺の正面に広がる風景です。のんびりとした風景が広がっています。

實相寺の土塀から覗いて境内の水仙、チューリップ、桜を写しました。

實相寺の山門です。ここから境内に入っていきます。

参道にしだれ桜の棚があります。身延山久遠寺のしだれ桜の小桜が大きく育っています。

身延山久遠寺のしだれ桜の小桜です。

神代桜の宇宙桜です。神代桜の種を宇宙ステーション持っていき、約8ヶ月無重力の中ですごした種から発芽した桜です。

境内の桜たちです。左側が身延山久遠寺のしだれ桜の小桜、中央に日本3大桜の小桜の淡墨桜の小桜、滝桜の小桜が咲いています。

樹齢170年の黒松です。

實相寺の本堂です。

日本3大桜の小桜の淡墨桜の小桜です。

日本3大桜の小桜の滝桜の小桜です。

わに塚の桜

わに塚の桜の場所

わに塚の桜は、韮崎市の山里の田んぼの間にある塚に咲いています。周辺は見通しがよく富士山や八ヶ岳、茅が岳も見え、写真を撮る人にとっては絶好のシチュエーションです。

山梨県韮崎市神山町北宮地624

 

住所:山梨県韮崎市神山町北宮地624
駐車場:わに塚のさくら駐車場(約20台) ※桜の開花の時期には特設駐車場あり
アクセス:中央本線韮崎駅前バスターミナルから韮崎市営バス円野線に乗車、バス停・武田八幡宮を下車から徒歩5分、中央自動車道韮崎ICから約20分

韮崎市観光協会のHPはこちら

わに塚の桜のようす

この日は、あまり天気が良くなく曇り空です。わに塚の桜は、8分咲きぐらいです。塚の所なあった甘利山倶楽部の看板によると、樹高 17m、根回り3.4m、幹回り3.3m、枝張23m、見頃4月上旬から中旬ころとあります。

今年は暖かく咲くのが少し早いようです。

「わに塚の桜はこんもりと盛り上がった塚の上に立つ一本桜で、樹齢約330年のエドヒガンザクラです。平成元年に韮崎市の天然記念物に指定されました。わに塚の名の由来は、日本武尊(やまとたけるのみこと)の王子・武田王の墓という説や、その形が鰐口(わにぐち)に似ているからなどの所説あります。」韮崎市観光協会HPより

 

わに塚の桜です。山側から写しています。

わに塚のさくらの根元にはかわいい花々が咲いています。

西側からのわに塚のさくらです。写真の中央下側に小さく富士山が写っています。この日は曇っていたので富士山もぼやけています。

わに塚の桜の周辺のようす

わに塚の桜の周辺は韮崎の里山の風景そのままです。広々した田畑と山々、特に八ヶ岳、茅の岳、富士山が良く見えす。残念ながら当日は曇って山の眺めはよくありませんでした。

周辺の水田と茅が岳です。田んぼが青くなる頃もとても景色がいい季節です。

近くの山にも桜が咲いています。

まとめ

日本人は桜が好きですね。山梨県のこの周辺にも多くの桜の木があります。山を眺めていると桜の木があるのが分かります。

山高神代桜とわに塚の桜の間は車で20分程度などで、車で両方を回るのがおすすめです。できれば密にならないように花をみるのがおすすめです。

わに塚の桜は夜ライトアップされていますので夜桜もおすすめです。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です