生涯教育講座・オープンカレッジについて調べてみた

相模原、町田、八王子地区は多くの大学が集まってきています。今、大学は学生数が減っていることもあり生涯教育講座やオープンカレッジに力を入れています。ほぼ全ての大学で市民向けに公開講座が行われています。

会社を定年し新しいことを始めたい人や自分の好きなこと、やりたいことについて、更に知識や技術を増やしたい人にとっては良い制度です。自分も受けるつもりで調べてみました

コンテンツ
・調査方法と一覧
・青山学院大学 青山アカデメイア
・桜美林大学 オープンカレッジ
・玉川大学 継続学習センター
・国士館大学 生涯学習センター
・中央大学 多摩 クレセント・アカデミー
・まとめ

調査方法と対象大学一覧

調査方法:
検索にはグーグルを使用しました。最初に相模原、町田、八王子と大学をキーワードにこの地域にある大学を抽出しました。そのあとで、「生涯教育講座」「オープンカレッジ」をキーワードで検索を行い各大学の活動確認します。力を入れている学校や内容が気になるものを抽出しました。

大学名 場所 名称 講座数 費用
青山学院 相模原、青山 青山アカデメイア・公開講座 約30講座 多くは数万円レベル
桜美林大学 淵野辺・町田、多摩、四谷 オープンカレッジ 約150講座 多くは数万円レベル
玉川大学 町田 継続学習センター 約80講座 多くは数万円レベル
国士館大学 世田谷、町田 生涯学習センター 100以上 多くは数万円レベル
中央大学 多摩キャンパス他 クレセント・アカデミー 約80講座 多くは数万円レベル
首都大学 飯田橋・南大沢 オープンカレッジ/プレミアムカレッジ 約60講座/選択性 多くは1万円以下/年間20万円

 

青山学院大学 青山アカデメイア

青山アカデメイアは、いつまでも学び続ける社会人のために「卒業のない大学」として開設しました。実践的な語学講座や地域政策人材開発講座、専門性の向上をめざす現役層から、経験に知識の磨きをかけるシニア層まで、幅広い受講生の学びのニーズを満たす各種講座を展開しています。青山アカデメイアHPから抜粋

講座数は、16講座あります。定員数は、1講座だけ100名の講座がありますが、他は15~50名で比較的人数を絞っているように見えます。費用は2~5万円程度です。左記と別の3講座は、大学の授業を学生と一緒に受ける講座があります。また別に東京外国語大学との連携により、履修証明プログラム「司法通訳養成プログラム」というのもあります。

この青山アカデメイアとは別に青山、相模原キャンパスで公開講座もあります。講座数はそれほど多くなく2019年度は7講座です。参加費は無料もしくは1300円ととてもリーズナブルです。

桜美林大学 オープンカレッジ

桜美林大学では公開講座とオープンカレッジは同じ意味で使っているようです。拠点が淵野辺・町田、四谷、多摩とあり、それぞれ特徴があります。桜美林大学公開講座のHPはこちら

淵野辺・町田校
語学、文化・教養、健康・心理、市民講座、資格、桜美林学生特別講座と区分されています。内容を見ると語学の講座が非常に充実しています。講座数も100ぐらいあります。全部は確認していませんが費用は数万円程度のようです。

四谷校
大人の食育塾、文化・教養、健康・心理、ビジネス&スキルに講座は区分されています。実際に開講されているのは、6講座です。他拠点に比べると講座数が少ないようです。

多摩校
多摩校は以前のサンピア多摩を買収した建物を主に使用しています。当時からカルチャースクールがあったのですが、その流れを受け継いでいるようです。実際に体を動かす講座が多く、費用は、月額数千円程度です。講座数も50程度あるようです。

玉川大学 継続学習センター

玉川大学継続学習センターは地域に開かれた大学という方針のもとに玉川大学の教育を反映した特色ある講座を多く開講しています。講座は、自然、芸術学習、日本文化、教養、語学、健康・スポーツ、教育、資格は区分されています。トータルで約80の講座があります。内容をみていくと、芸術学習、日本文化のところに玉川大学の特色が現れているようです。費用は数万円ぐらいです。
玉川大学継続学習センターHPはこちら

国士館大学 生涯学習センター

国士館大学の生涯学習センターは、国士館大学の教育と研究の成果および教育機能を広く社会に提供し、教育・学術・文化の発展に寄与することを目的として設立されました。学生のスキルアップと就職を支援するための資格講座と、幅広い年齢層の学習を支援するための公開講座の運営を中心としています。国士舘大学生涯学習センターHPから抜粋

講座数は、資格講座12講座、公開講座は春季と秋季がありますが、秋季だけで60講座あり多岐内容になっています。費用は数万円です。

上記とは別に、国士館大学は他の大学とともに、せたがやeカレッジに参加しています。せたがやeカレッジは、世田谷区内6大学(国士舘大学・駒澤大学・昭和女子大学・成城大学・東京都市大学・東京農業大学)と区教育委員会が、共同で運営する生涯学習Webサイトです。大学、そして教育委員会の特色あるコンテンツを配信しています。なんと受講料(動画を見る)のは無料です。

コンテンツは、社会・環境、法律、歴史・文化、スポーツ・健康、教養・芸術、ビジネス、食生活・食文化、生活・子育て、工学、その他と多岐に渡っています。

中央大学 クレセント・アカデミー

中央大学は、「地域に根差し、世界に開かれた大学」を目指し、具体的事業の一つとして、多摩キャンパスにおいて『中央大学クレセント・アカデミー』を開設しました。クレセント・アカデミーは、在学生と市民の共学の場として、多摩キャンパスのグリーンテラスにある専有教室を中心に、本学の教室や体育施設等を利用し、誰もが参加できる各種講座を開講しました。
中央大学 クレセント・アカデミーHPから抜粋

現在は多摩キャンパスだけでなく、駿河台記念館、後楽園キャンパス、市ヶ谷キャンパス等も利用して、多数の講座を開講しています。講座数は約80講座あります。そのうち25講座が多摩キャンパスの実際に体を動かすスポーツ系の講座です。費用は数万円のものが多いようです。

首都大学 オープンユニバーシティ/プレミアムカレッジ

首都大学オープンユニバーシティは、都立大学を意識した「江戸・東京/TOKYO」をはじめとする一般教養講座、自治体との連携講座、大都市課題をテーマとした講座などがあります。
首都大学 オープンユニバーシティHPから抜粋

講座は、同じような性質の講座を集めて11のカテゴリに分けています。・科学が開く未来への扉~学術最先端 研究成果~、・プレミアム講座、・高校生向け講座~大学で何を学ぶか~特別講座、・江戸・東京/TOKYO、・ウェルビーイングの実現~「心」「体」健康~、・経済と暮らし、・古今東西 文化探究、・社会と人間、楽しむ科学、・世界と繋がることばの11カテゴリーです。分類がなかなかおもしろですね。

講座数は、約60講座です。その多くは飯田橋キャンパスですが、南大沢キャンパスでも10講座弱が開講しています。世界と繋がることば以外のカテゴリーでは、費用は1万円以下で無料の講座もあります。

プレミアムカレッジ
プレミアム・カレッジは、様々な経験を積んだ、50歳以上のプレミアム世代の方々に向けて、新しい学びのスタイルをご提案しています。
総合大学である首都大学東京が有する豊かな教育研究資源や、東京都との緊密な連携により、ほかでは経験できない学びと交流の場をご提供しています。
プレミアムカレッジHPから抜粋

プレミアムカレッジは、2019年からスタートした50歳以上の人を対象とした、より大学に近いイメージです学ぶ場所です。定員50名で論文や面接の試験があり入学となります。ゼミが必須になっており、自分の学びたい講座を選択して学ぶスタイルになっています。修了のための条件がり修了証書が発行されます。費用は年間20万円です。開講場所は南大沢です。

その他の大学の講座

北里大学、薬科大学、多摩美術大学の公開講座は、やや専門的な感じもありますが、大学の特色を生かした公開講座が用意されています。

まとめ

今回調べてみて本当に多くの公開された講座があることが分かりました。自分がやりたいことや方向性が明確であれば多少費用がかかりますが、楽しめる講座がたくさんあります。一度チャレンジしてみてはどうでしょうか

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です