野鳥餌台をつくってみた!!

小さい頃は鳥が好きでした。家で文鳥やセキセイインコを飼っていました。また野鳥の観察台もどきをつくって楽しんでいたのです。最近は、まったく鳥とのかかわりが少なくなってしまいましたが、公園をウォーキングするようになって、どんな鳥がいるのか気になっています。

近所の鳥をゆっくり観察できるように鳥の餌代をつくることを思いたったのですが・・

 

コンテンツ
・野鳥から我が家へのプレゼント
・野鳥餌代の作成
・まとめ

 

野鳥から我が家へのプレゼント

我が家の嫁は、生き物がとても好きです。狭いながら庭があり木が生えています。嫁は、時々果物などを木にひっかけています。そうすると鳥が飛んできてついばむです。そんなことが数年続いた後に気が付きました。

いつの間にか、庭に千両、万両や南天など赤い実をつけた小さな木が庭の隅にいっぱい生えているのです。木は冬が近くなると赤い実をつけるのですが、その頃になると、また鳥がこれを食べに飛んでくるのです。

庭の隅のところに、千両、万両、青木があります。少し離れたレンガのところに南天があります。正月前までは、赤い実がいっぱいついていましたが、この時期(2月の中旬)になるとほとんどの実が食べられてしまっています。

そうです。鳥たちが、果物を食べに来たとき糞をして赤い実がつく木の種を我が家の庭に蒔いていったのです。自分たちの食べるものを育てているようです。

もう一つ驚いたのは、鳥は赤い実が良く見えるらしく、赤い実を目当てに見知らぬ鳥が飛んでくるのです。調べてみると、鳥は人間が見えている3原色に加え紫外線も見え、人間よりバラエティに富んだ世界を生きているようです。

これを知ってから、餌台を作ったら屋根を赤く塗ろうと決めていました。鳥が上から赤い色を見て降りてくるはずです

 

野鳥餌台の作成

折角鳥が遊びにきてくれているので、鳥の餌台を作成することにしました。

今回はネットで調べた、田舎暮らしとDIY研究所(ブログ名)の「餌台を作って野鳥を呼ぶ作戦が大成功(動画有)」を全面的に参考にさせてもらいました。シンプルに作れる図面が載っていパクらせて頂きました。ありがとうございます。

細かいところでは異なるので一応作成の過程を写真で紹介しておきます。

カインズホームで杉集成棚板を買ってきました。980円でした。止まり木以外はこれだけで板の材料は足ります。切り出すために線を引きました。

のこぎりで線に沿って切断しました。板がやわらかく切断は簡単です。

実は、この後庭で組み立てているときに、鳥が遊びにきて、見ていました。その鳥(何か分からない?!)が想像以上に大きいかったのです。野鳥餌台を作りながら動揺してしまい、付け焼刃的にできる範囲で大きくしました。

底板の上に立てるを横に着け幅を少しだけ広くしました。それに合わせ屋根板を別なものに代えました。大きさは幅330×奥行200×高240です。

そもそも、どの鳥を呼ぶかを考えずに作っているなんて、いい加減ですね。

組み立て完了です。前はこんな感じです。この杉集成棚板は、とてもやわらかいので、必ず下穴を開けてからネジ止めをしましょう。屋根は予定通り赤く塗りました。

裏側はこんな感じです。

費用は
杉集成棚板 980円
屋根板     50円 カインズホームの端材売場にあった板です。
止まり木(丸棒) 548円 80%残っています。
塗料       698円 90%残っています。
ネジは家にあったのを使いました。
合計 2276円でした。

まとめ

今日みた鳥からは少し小さい気がしますが、他の鳥も来ているので、まずはこの餌台を設置しようと考えています。野鳥が来ていい写真がとれたら又投稿します。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です