新型コロナウイルスのワクチン 相模原市からクーポン券が送られてきた! 少し準備すれば予約は簡単!

私が住んでいる相模原市では、現在(7/4)、各世代にクーポン券を送付している最中です。既に家族全員に、クーポンの送付がありましたが、現在予約可能なのは、60歳代の私だけです。

6/30日に早速ネットで予約をしました。心配していましたが、すぐに予約は取れました。少し準備をしておけば、相模原市のワクチン接種の予約は簡単です。

相模原市のワクチン接種サイト

相模原市には、「新型コロナウイルスワクチンについて」のサイトがあります。

ここでも、ワクチンの色々な情報が得られますが、予約について確認するなら「予約方法について(7月2日更新)」のサイトが一番分かり易いサイトです。

予約方法について(7月2日更新)ページです。

このサイトには、対象(年齢ごと)の予約受付開始のスケジュール表があります。この表を確認して予約のタイミングを確認します。

相模原市では、ここが発信源の一つなので、他に情報源が無い人は、定期的に、このサイトを確認する必要があります。

現在(7/4)時点では、予約対象者は
・61歳以上の方
・基礎疾患を有する方
・高齢者施設の従事者
です。

7/14からは、これらに加え58歳以上の方が追加になります。それ以降はまだ未定です。

注意しなければいけないのは、ここに載る情報は、いつ更新されるか不明です。

私の家の近所で、61歳のワクチンの予約受付時間のお知らせが、前日の夕方に音声で連絡されていました。私の地域では、重要事項は、音声放送が流れます。でもよく聞かないと何と言っているか分かりません!

皆さんの地域では、どうでしょうか?

クーポン(接種券)の送付

62歳の私と58歳の嫁のクーポンは6月の中頃に一緒に送付がありました。もちろんこの時は予約は、まだできないタイミングです。

その後、7月の初めに、29歳の息子のクーポンの送付がありました。もちろん相模原市では、しばらくは接種はできませんが・・

クーポン券(摂取券)が有ると国が運営している東京都や大阪府の集団接種会場で摂取が可能です。急いで摂取が必要な人は集団接種会場へ行かれるのも選択肢です。

◆クーポン券送付時に送られくるもの
・クーポン券(接種券)
・新型コロナワクチン接種の予診票 2枚
・新型コロナワクチン接種のための大切のお知らせ(はじめに必ずお読みください) 基礎疾患、職域接種の案内あり)
・新型コロナワクチン接種のお知らせ 相模原市 64歳~満12歳の方へ 
・新型コロナワクチン予防接種につての説明書 ファイザー社製用の説明があります。

相模原市から送付されたクーポンが入っている封筒です。

クーポン(接種券)です。2回分が送られてきます。

予約方法(ネット)

 

「予約方法について(7月2日更新)」サイトから予約サイトに入れます。

予約は、電話予約とネット予約(ウェブ・LINE)がありますが、おすすめはネット予約です。電話はやはり繋がりにくいようです。

サイトの「予約方法」記事のところに、pdfファイルで「予約の流れ(ウェブ・LINE)」がありますので、最初にこれを確認しましょう!

予約の流れ(ウェブ・LINE)の最初の部分です。

私はインターネット予約のウェブ予約受付システムで行いました。

ちょっとした準備で数分待つだけで予約を完了することができました。

◆ちょっとした準備とは・・

予約のために次の3点を事前に用意しておきましょう!

・クーポン券(接種券)
・予約予定日 候補を3つぐらい用意しておくとよいです。
 接種場所を先に選ぶのですが、接種日は毎日ではなく、埋まるのも早いです。
・連絡用のメールアドレス 予約完了後、予約日、予約時間、会場名などの送付があります。

61歳以上の予約開始は6月30日のAM8時30分スタートでしたが、

少し早めにパソコンを立ち上げて、予約サイトに入ります。その後、クーポンにある接種番号や氏名、電話番号、アドレスを打ち込みます。

その後に接種会場の選択になるのですが、ここは、予約スタート時間になるまで開かないので待つことになります。

スタート時間になると、画面に「現在混んでいます、しばらくお待ちください」の表示がでます。私が30分以上前に打ち込んでいたのですが、どうもそれより先行していた人がいたようです。

数分後に、会場選択画面が開き、会場の選択が可能になります。

会場を選んだ後に、今度は、予約日と時間の設定ですが、2件空いているところを申し込んだら、タッチの差で埋まっていましたので、同タイミングで申し込んでいる人は多いようです。

空き人数が表示されているので、空きの多いところを狙うのもよいかと思います。

まとめ

職場でワクチンの職域接種がない人は、各市が主催するワクチン会場を接種するか、国が運営する集団接種になります。

各市が主催するワクチン会場は、地元で行うため会場が近いので受けやすので、おすすめです。

助け合って皆が受けられるように予約をすすめましょう。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です