ブログ投稿数400を超えた起こったこと!? 1.8万PV値達成! でも収益はほとんどないのは何故? アナリスティクスの不思議な表示?? 原因を考えてみた!!

25ヶ月かけてブログ記事400投稿を達成しました!

でも当初、考えていた収益は全然未達です・・ ネット上の多くの記事で確認しても、このPV値で、この収益の人はあまりいないようです。

収益はPV数に依存すると思っていたので400投稿、1.8万PVなら、良い感じ収益と想像していました・・ 一体何が悪いのか原因を考えてみました!!

PV数が伸びたけど 収益は全くのびず・・

PV(ページビュー)数は長い間低迷をしていました。でも少しずつ伸びて2021年の5月は、19,462まで伸びました.

ところが、収益は全く伸びていません。一般には、PV数とアドセンスの収益は比例はしませんが、PV数が増えるとグーグルアドセンスの収益やアフェリエイトの収益は伸びるはずなのですが・・

◆PV数の変化

2021年の2月頃までPV数は低迷していましたが・・

◆PV数の変化と収益のようす

アフェリエイトは、もしもアフェリエイトとA8.netをやっています。

  PV数 投稿数類型 アドセンス(円) アフェリエイト
もしも
アフェリエイト
A8
2021年1月 7522 337 1242 37 0
2月 8632 352 1597 0 0
3月 16357 367 1280 0 0
4月 14906 382 823 204 0
5月 19464 397 782 0 0

PV数は今年伸びたのですが・・

御覧の通り収益は、惨憺たる結果です。アドセンスは平均すると1145円/月でアフェリエイトは、収益がほとんだありません。

ブログの状況 投稿数、PV値、セッション数など

ブログの解析をするときに一番有効で分かり易いツールは、グーグルアナリティクスです。

最初に、前回記事にした200記事投稿以降の変化(2020年5月以降)を確認しました。

200記事投稿以降のアナリスティクスの主な指標の変化

下の表は2020年5月と2021年度の1~5月の状況を抜粋しました。

  PV数 ページ別訪問数 滞在時間 閲覧開始数 直帰率 離脱率
2020年5月 6482 5758 2’59 5335 86.80% 82.30%
2021年1月 7522 6817 3’28 6144 87.60% 81.60%
2月 8632 7239 2’31 6461 79.30% 74.80%
3月 16357 7434 37 6713 0.60% 41.00%
4月 14906 6852 30 6069 0,7% 40.70%
5月 19464 8915 31 7950 0.87% 40.80%

表を見て分かるようにアナリスティクスの値が2021年2月の末頃から、おかしくなっています。

具体的には、PV数が急増している割にページ別訪問数があまり増えていません。また滞在時間急に短くなっています。

一体何が起こっているのでしょうか???

確認してみると2021年の2月26日でした。どうもこの日にアナリスティクス側で何かやっているようです??

他の解析ツールのJetpacの記事の表示数でみてもこの前後での表示数は変わっていません。

グーグルアナリティクスの用語

アナリスティクスには、色々な特殊用語を使用しているので確認してみました。図入りで分かり易く説明しているサイトはこちら

PV(ページビュー)数:ウェブサイトのページが開かれた回数です。これは比較的分かりやすいです。

セッション数:一人のユーザーがウェブサイトを訪れた回数の事です。訪れた時に幾つかのページを閲覧してもセッション数は、1です。

※グーグルアナリティクスでは、あるページ閲覧中、操作が行われず30分経過したとき、訪問中に午前0時を経過したときなどは、別のセッションとして扱われます。

ページ別訪問数:特定のページが1回以上見られたセッション数の事です。ページ別訪問数は、1セッションで複数見られたPV数を重複させずカウントしてくれるため、対象ページがどのくらい見られたかをより正確に計測することが出来ます。

アナリスティクスのPV数が急に増えた理由

上記した表で確認するとPV数が急に増えた2021年3月頃から、PV数とページ訪問数の関係が大きく変わってきています。

2月までは、PV数とページ訪問数の比は、1.1~1.2倍程度だったのですが、3月以降は2倍を超えています。

一度の訪問で複数の記事を読んでくれてPV値が増えたとも考えられますが、本当にそれだけなのでしょうか??

収益が悪い原因の推定

PV数の割に収益が低い原因を考えてみました。

稼げるブログってどんなブログ?

そもそも稼げるブログってどんなブログかを考えてみました。

◆稼げるブログ

①ターゲット(読者)が明確である
②読者の悩みを解決するブログ、すなわち検索から読まれるブログ
③収益を意識したキラーコンテンツ(記事)がある
④トレンドにのったコンテンツ(記事)がある

もちろん、この他にも稼げるブログの要素はありそうですが、まずこの4点について考えてみます。

現状は稼げるブログになっている??

最初に、コンテンツごとのPV数の2021年の1月から5月の推移を確認しました。

ブログ「おとたの」の主要なコンテンツであるトレーニング、ウォーキング、製品関連、動画、山・山小屋について4つのポイントで評価してみました。

  ターゲット明確 悩み解決 収益意識 トレンド
トレーニング × ×
ウォーキング × ×
製品紹介
動画
山・山小屋 × ×

・ターゲットについては、比較的明確になっています。製品紹介、動画については比較的広いターゲットがありますが、トレーニング、ウォーキング、山・山小屋の記事はかなり絞られたターゲットになっています。

ターゲットを絞りすぎると競争相手は減るのですが、ターゲットの絶対人数が減るのでこの辺のバランスが難しいところです。

・悩み解決については、検索による読者が90%以上でかなり良い感じです。

・収益意識については、全体にかなり低く、記事は書きたい内容を書いています。記事の内容をどう収益につなげるのが課題です。

・トレンドについては、トレーニング、ウォーキング、山・山小屋については×評価です。特に新型コロナの影響でジムや外にでれなくなることで悪影響が出ているようです。

製品紹介と動画は、記事の内容から収益の意識やトレンドにつなげやすく評価も高くなっています。この分野では企業やプロも多く記事を書いておりライバルが多い状況です。

その中でも2件キラーコンテンツと呼べる記事があります。「WiFi 無しで動画を見る方法 アマゾンプライムビデオ ミラーリングで問題発生」と「iphone12miniへの機種変更 すすめられるままに購入ウィルスソフトをキャンセルした!」です。

前者が、1年間で24千、後者が6か月で4千のPV数があります。

まとめ

ブログ記事400投稿を達成しましたが、収益という面ではまだまだです。

特に、収益を意識したコンテンツつくりやトレンドを意識したコンテンツつくりには課題がありそうです。

ブログで収益がでると、やる気もも出て更によい記事が書けるのですが・・

色々な人にアドバイスを頂ければと思います。よろしくお願いします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です