バセドウ病 症状落ち着く !?

本日、バセドウ病の病院に行ってきました。1か月前、再々度基準値を超えてしまったFT4、TSHの値も基準値内に入りました。 最近は、気になっていた関節痛や疲れやすさもだいぶ気にならなくなってきました。 12月を迎え、バセドウ病も一段落した感じです。このままよくなると良いのですが・・

コンテンツ
・28週目の血液検査の結果
・最近の体調
・まとめ

血液検査の結果

下の表の一番右の列が28週目の検査結果です。

表の赤字はバセドウ病で基準値の範囲を超えているところです。青字は、薬(メルカゾール)が効いて甲状腺機能低下症のような症状がでているところです。

20週目でもFT3、FT4、TSHは基準値内でしたので、今回の3つの項目(FT3、FT4,TRAb)の基準内は、2回目です。前回と違うのは、身体自体が元気になった感じがあることです。

甲状腺を刺激する抗体である TRAb の値は、今回測定されませんでした。バセドウ病の原因とも呼ばれているので TRAbも範囲内に入っているが確認できれば、精神的には安心するのですが、TRAbを測定している回は、1000円ほど診療費が高くなっており、詳細を見ると検査のところで点数が増えています。先生も気にしてくれたのですかね。

最近の体調

今までは毎月来院して検査を受けていました。先生との話で、だいぶ落ち着いたので次回検査は2か月後になりました。関節痛も話題になりました。メルカゾールの副作用の関節痛との話もあったのですが、現在は膝の関節痛などはなくなっています。現在の投薬量は、一日おきの1粒(5mg)です。腰や股関節の痛みはあるのですが、以前からあったのでバセドウ病や薬の副作用の影響ではないようです。

先生から運動などもOKとの話がありました。投薬治療2か月ぐらいたったとき運動したいといったのですが、その時はもう少し待った方がよいとのことでした。・・すいません。とっくに運動は初めてしまっていました。それも含めだいぶ元気になってきた感じがします。

体調はそこそこ良い状態です。想像ですが長期に渡る不調で、心身ともに病気で元気がなくなっていたのが、だいぶ解消されてきたのでしょう。



まとめ

バセドウ病の方にこのブログの記事が少しでも参考になることを祈っています。私も、まだまだ、暫くの間はメルカゾールのお世話になると思います。バセドウ病は、長引くことも多いようなので、あまり一喜一憂しないようにしていきたいと思います。

0