Tシャツ なんでこんなに値段がちがうの? 格安Tシャツとそのメーカーを調べてみた!!

最近はすっかり、スーツや背広を着ることが無くなりました。特に夏はほとんどTシャツをきています。毎年、お気に入りのTシャツを探しに街にでかけるのですが、高いTシャツだと8,000円、普通のものでも3,000~4,000円は当たり前です。

一方、1000円以下の格安のTシャツもあるのです。どんな格安Tシャツメーカがあり、どんなTシャツがあるのでしょうか?
私が愛用しているものをベースに調べてみました。

コンテンツ
・格安Tシャツとは
・イオングループ
・スポーツデポ、アルペン
・サンキグループ
・オギノグループ
・まとめ

格安Tシャツとは

勝手に格安Tシャツと呼んでいます。格安Tシャツの定義は、安売り時も含んで500円から1000円前後の気軽に買えるTシャツです。ブランドのTシャツも時として安く売っていることもありますが、単品や訳ありの場合は除いています。

この下のレベルのTシャツに500円以下、実際には200円台や100円台で売っている激安Tシャツもあります。お店で線引きするのは難しいところですが、私の地域ではタカハシ、しまむらなどで激安Tシャツが購入できます。

今回の格安Tシャツメーカーは、ある程度世間で名の通ったちゃんとした会社です。品質やデザインもあるレベルです。気に入れば、数年愛用できるTシャツたちです。

選ぶ側の目も試される分野です。

私は、黒のTシャツが好きで基本は黒を探しています。

イオングループ

イオングループは、ご存じの通り日本最大手流通グループです。グループ従業員数58万人、店舗数1.9万店ととても大規模な小売店です。

服に関しては、個人的には、値段は比較的安いがデザインはイマイチの感じです。もちろん良いものもあるので、多くのものから自分にフィットするものを探す必要があります。

Doublefocus(ダブルフォーカス)というイオンのブランドの服も多く扱っていますが、他のブランドも多く扱っています。イオンで購入したものをみると、ダブルフォーカスのものより、別のブランドのものを購入しています。

左がダブルフォーカスのTシャツです。右側はよく見かけるヤンキースのTシャツです。両方とも1,000円前後でした。3~4年愛用しています。

左側は、メーカが分かりませんが、タグはヤシの木と海です。とてもしっかりとした作りです、右側は、abxのTシャツです。abxは、バブル期に一世を風靡しましたが、2010年に撤退したはずです。BULEMATEにabxというブランドがあり、そのTシャツのようです。

2枚のTシャツとも黒で着心地もよく、ここ2~3年エース的存在でした。左側は、1,200円、右は1,000円を切る値段だったと思います。

Doublefocus(ダブルフォーカス)
イオンが提案するカジュアルファッションブランドです。コンセプトはカジュアルなアイテムにトレンドをMIXして新しさと楽しさを提案するブランドです。型にはまらない自由な発想でトータルコーディネイトを発信します。

スポーツデポ、アルペン

大型スポーツ店には、Tシャツが多く売られています。でもその多くは、スポーツブランドのTシャツです。安いものもありますが、1,000円前後のものは、あまりありませんし、あった場合もデザインはイマイチの場合がほとんどです。

そんな中、アルペングループの自社企画ブランドのIGNIOのTシャツがおすすめです。今年購入した、Tシャツは2枚です。9月に入り値段が下がったタイミングでしたが、何と1枚499円(税込み)です。まだまだ沢山Tシャツがつるされていました。デザインもそれなりで、綿100%のTシャツです。黒が好きなので、黒を2枚購入しました。

私は、多くの場合Lを購入すると肩や胸がきついのですが、IGNIOは、スポーツメーカのせいか、大きさ的には余裕があります。スポーツをやっていてガタイの良い人にはおすすめのメーカーです。

IGNIO(イグニオ)
2006年に誕生した株式会社アルペングループが販売する、スポーツ用品の自社企画商品ブランドです。あらゆるスポーツ用品をカバーしています。その中でTシャツも製造販売をしている感じです。アルペングループのアルペン、スポーツデポ、ゴルフ5などで取り扱われています。

スポーツデポなどのお店にいくと、各スポーツブランドのTシャツが多く置かれていますが、一角にIGNIOのTシャツも多く置かれています。

サンキグループ

サンキグループは全国に237店舗あります。広い売り場に多くの商品が並んでいます。商品も服、靴、寝具、バック、インテリア・・など多岐に渡っています。

個人的なイメージとしては、「しまむら」に似ています。しまむらは、全国に2000店舗を超える店舗を展開しています。残念ながら、しまむらではあまり購入していないので今回は、サンキを取り上げました。

サンキもしまむらも同じなのですが、ユニクロのように自社ブランド画一化された商品を並べているのではなく、いろいろなブランド(メーカー)から買い付けて、その都度違う商品がならんでいます。このため行く度に違うものが並んでいて、掘り出し物を探す楽しみがあります。

右側は、PARA SHOOTING、右側は、campanelloのタグがついています。ネット上での情報はあまりありませんでした。

2枚とも普段使いとして着てます。どちらも1,000円を切る値段でした。右側は、売れているらしく街で2人ほど同じTシャツをきている人をみました。

オギノグループ

オギノは山梨県を中心に49店舗を展開する総合小売業です。食料品スーパーのイメージーが強いですが、ショッピングセンターや食料+衣料スーパーのお店も多数あります。

私がよくいくのは、セルフビルドの山小屋の近くの、ショッピングセンターに該当する韮崎店と食料+衣料スーパーに該当する長坂店(キララシティ)です。

長坂のキララシティで買ったTシャツです。Tシャツは、値下げもあり700円ぐらいで購入できました。作りもしっかりしています。タグはなく、裏地直接 ORIGINAL GARMENT OUTFITTERSの文字がプリントされています。

いつも購入している東京多摩地区や神奈川相模原地区より少し安い感じです。

その他の愛用のTシャツ

他にも、2,000円~4,000円ぐらいのTシャツで愛用しているものがあります。ブランドは、Outodoor Adventure、Patagonia、QUIK SILVER、ELKEX、CALL OF THE WILDなどアウトドア系が多いです。

Outdoor Adoventure のTシャツです。買値は2,000円です。

PatagoniaのTシャツです。4,000円ぐらいで買いました。

ELKEXのTシャツです。左が2,000円、右が3,000円ぐらいでした。着まくりました。

QUIK SILVERのTシャツです。3,000円ぐらいで購入しました。こちらも着たおしました。

CALL OF THE WILDのTシャツです。4,000円ぐらいで購入しました。これもよく着ています。

まとめ

夏のTシャツは、とてもリラックスできよいです。最近は、他の季節もアンダーウェアーがわりに着ていることが多いです。

今回紹介した500円~1,000円前後のTシャツも着心地がよく、2~3年間は十分着られます。

2,000円から4,000円のTシャツは、やはり作りはよく、気に入れば、着たおすことができます。コストパフォーマンスとしてはこちらの方がもしかしたら良いかもしれません。

愛着を持って着られるものを選ぶのが大切ですね。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です