iphone12miniへの機種変更 すすめられるままに購入ウィルスソフトをキャンセルした!

auショップで機種変更の際に、スタッフにウィルスソフトは何を使用していますか? という使っていて当然の口ぶりですすめられノートンモバイル セキュリティ購入しました。家に帰り調べてみると、本当に必要? ということで60日返金保証がついていたので返金手続きを開始しました。

キャンセルした理由と手続きの方法を記載します。

コンテンツ
・そもそもウィルス対策ソフトとは?
・ウィルス対策ソフトをキャンセルした理由 iphoneがウィルスに強い!?
・スマホのウィルス対策は?
・ノートンモバイルセキュリティの60日間返金保証の使ってみた
・まとめ

そもそもウィルス対策ソフトとは?

ウイルス対策ソフトの基本的な機能は、コンピュータウイルスを検出・除去です。コンピュータウィルスの感染すると、画面表示を変えたり、データファイルを破壊したり、データや情報を盗んだ入り、色々な悪さをします。

パソコンに対するウィルスは多種多様作られ、私も何度か感染したことがあります。ウィルス対策ソフトで定期的に感染しているかの確認や除去の作業を行っています。

スマホもその構成上、小さなコンピュータです。そのためコンピュータと同じようにウィルスに感染する可能性があります。

ウィルス対策ソフトをキャンセルした理由 iphoneがウィルスに強い理由

購入したウィルス対策ソフトをキャンセルした理由は2つあります。

一つ目は、iphoneが安全と言われており、ネットでもウィルス情報がほとんどないことです。
二つ目は、iphone用のウィルス対策ソフトは、パソコン用と違いウィルススキャンや除去の機能がないからです。

iphoneは安全!?

iphoneは、一般的には安全といわれています。ネットで調べてみても、〇〇ウィルスが流行っているとか感染したという情報はほとんどありません。

iphoneが安全といわれる理由
正式にインストールできるアプリは、App Store内のものに限定されています。アプリはAppleの審査が入っています。
iOSのアプリは、「サンドボックス」という隔離された領域内でしか動作させないため、ほかのアプリやシステム、データなどにアクセスできないようになっている。これは、Androidも同じです。

スマホ用のウィルス対策ソフトの機能
購入したノートンモバイルセキュリティの主な機能は、不正サイトブロック、iOSバージョン管理、Wi-Fiセキュリティ管理などです。

パソコン用ウィルスソフトの基本機能であるウィルススキャンや除去の機能は付いていません。でもこれは、iphone用のウィルス対策ソフトの共通のことのようです。

このソフトをいれていた時にフィッシングメールがきましたが、当然のことながら検出できませんでした。

スマホのウィルス対策は?

それでは、iPhoneのウィルス対策はどうすればよいのでしょうか? 基本的にやることは、iPhone自体が持っている免疫力を高めるようなイメージです。

1、iOSはいつも最新のバージョンにする:Apple社は、見つかった脆弱性を常に強化しているのでiOSを最新バージョンにしていることが大事です。
2、不正なアプリをインストールしない:上記した通り、iPhoneのアプリは、正式には、App Store内のものに限定されています。ところが脱獄(ジェイルブレイク/iPhoneのロック解除)を行うと、正規のアプリ以外にもダウンロードすることができますが、デメリットとしてウィルスに対し弱くなるのです。
3、怪しいWebサイトやメールを開かない:ウィルス感染にもなりますし、今多いフィッシング詐欺の対策になります。
4、セキュリティ対策の甘いパソコンなどに接続しない:パソコンからウィルスが感染することがあるそうです。

ノートンモバイルセキュリティの60日間返金保証の使ってみた

調べた結果、全く説明が無かったことが分かりました。少し悪意が感じられます。

ソフトウェアのパッケージに下記の記載がありました。

製品を使用できな場合、または保護機能に満足できない場合、購入後60日以内であれば、製品の返品をサポートにて受け付けております。チャットサポートにご連絡いただくか、サポートWebサイトにて連絡先をご確認ください。

保護機能に満足いかない場合に該当していたので、この、60日間返金保証を利用することにしました。

サポートWebサイトの連絡先をさがしましたが分かりにくかったので、すぐにチャットサポートに切り替えました。チャットを始めるとすぐに担当が反応してくれて、スムーズに話がすすみました。

驚いたのは、このまま継続すれば、使用期間を3ヶ月延長するとの提案です。キャンセルする人にはこの提案をするようです。一度使い始めると長い間自動継続で使用する人が多いかからですかね。

チャットで確認されるのは、機種、購入日、購入場所、プロダクトキー(2種)と価格とメールアドレスです。すべてパッケージ等で確認できるのですぐに回答できました。

その後、メールで返品返金依頼書情報の送付ああり、メールで
1. お名前(カタカナ)
2. お電話番号
3. 郵便番号
4. ご住所
5. 販売店名
を返信します。

今後は、下記のようになるようです。メール記載内容を下記します。

返金依頼書を別途郵送にてお送り致しますので、お手元に届きましたら、必要事項をご記入の上、弊社提携会社、東京電化までご返送をお願い致します。また、返金依頼書がお手元に届くまで1週間ほどお待ちください。

お客様から返金依頼書を東京電化へご返送頂きましてから、ご口座に入金されるまで、 約2週間から1か月ほどかかる場合がございますので、ご承知おき下さい。

気づいている人もいるかと思いますが、スマホの毎月の支払は、ウィルス対策ソフト込みの価格で毎月引き落とされ、一括で返金を行うようです。気持ち的には、毎月の出費を減らしたいのですが・・

まとめ

今回のスマホのウィルスソフトの購入後のキャンセルは、一番悪いのは私自体の不勉強です。

ただ、auのスタッフも成績を上げたいために性格な情報を与えずに購入をすすめるのはあまりよくない手法のように感じました。スマホの価格が問題になっている昨今ですが、こんなことも長い目で見るとあまりよくないと思います。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です