iPhone12miniを購入した 保証制度分かり難くないですか!?

先日iPhone12を購入しました。日本のスマホは高いと言われて、政府からの働きかけもあります。高いのは通信プランだけでなく、保証やその他のオプションが分かりにくく、販売員のおすすめに従ってしまうと更に高くなってしまいます。

今回は、AppleとAuのサイトを確認して、保証について、何故分かり難いのか考えてみました。

コンテンツ
・そもそもAppleの保証はどうなっているの?
・Auの保証はどうなっているの?
・何が分かり難くしているの?
・まとめ

そもそもAppleの保証はどうなっているの?

ネットなどでiphoneの保証について色々な記事を見ていると益々よくわからなくなってきました。これって私だけですかね? そこで、まずはAppleの保証サイトに行って、そこで内容が分かるか確認してみました。サイトはこちらです。

このサイトで分かること

・すべてのiPhoneには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償サポートがついている。
・有料プランには、AppleCare+とAppleCare+ 盗難・紛失プランの2種がある。どちらに加入しても、無料の保証とサポートが延長される。
・AppleCare+プラン:過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを1年間に2回まで定額で受けられる。エクスプレス交換サービスを利用、Appleの専任スペシャリストにチャットまたは電話で優先的に問い合わせができる。
AppleCare+ 盗難・紛失プラン:AppleCare+のすべてのサービスに加えて、盗難や紛失に対する保証を1年間に2回まで低額で受けられる。

サービス料の一覧

画面の損傷 3,700円(税込)
過失や事故によるそのほかの損傷 12,900円(税込)
盗難または紛失 12,900円(税込)

その他の内容
ハードウェア製品保証とソフトウェアのサポートについて簡単な説明。
保証の購入方法は、新しいiphoneと同時に購入もしくは、他の4種(デバイス上、オンライン、直営店、電話)で行う。

ここまで確認して、突っ込みどころいっぱいのサイトです。
このサイトでは、概要の記載のみで、細かい具体的なことの記載がありません。このサイトから他にサイトへの誘導もないので具体的なことは、それぞれの購入方法で確認する必要があります。

これは記載して欲しかった
・製品購入後、無償の1年間の保証内容。無償保証と有償保証の違い。
・2種の保証プランの価格と期間

曖昧にして分からないようにしていない?

Auの保証はどうなっているの?

AuのiPhoneの保証サイトを見つけるため、au+iphone+保証でぐっぐてみました。

AppleCare+ & au端末サポートのサイトが最上位にあったのでサイトに行ってみました。「AppleCare+ & au端末サポートは、2018年9月13日をもって受付停止となりました。」とあります。サポートの内容が頻繁に変わるのも分かり難い理由かもしれません。

このサイトから現在の保証システム「故障紛失サポート with AppleCare Services」のサイトへ誘導されます。

このサイトでわかること
・サービス概要:①Apple公式の保証サービスAppleCare Servicesの製品保証を4年間提供、②更に紛失盗難時にお電話一本で新品同等品を受け取ることができる補償も、併せて提供。
・製品保証の内容:テクニカルサポート、修理サービス、負担金について、紛失盗難補償、月額料

このサイトでは、故障紛失サポート with AppleCare Servicesに関する内容は比較的分かり易く記載があります。

ところが、元々無償で付いている1年間のAppleの保証については、一言も触れていません。この保証に入ることが前提で記載がされているように感じます。

またApple公式の保証サービスAppleCare Servicesとは何を指しているのでしょうか?

実際にAuショップに行った時も、こちらから無償の保証のことを聞くまでは話はされませんでした。

何が分かり難くしているの?

ここまで確認して理由が分かりました。

私は、他の電気製品と同様メーカ保証だけでOKかの判断しようとしましたが、AuやAppleでは有料保証に加入することが前提で考えているようです。

iPhone12miniの故障紛失サポート with AppleCare Servicesの月額は979円(税込み)ですので2年間では、23,496円です。Auのかえトクプログラムで実際には2年後に新機種に切り替えるとすると、保証がついていないのは1年間です(保証内容は有料と異なる)。

結局これらのサイトだけでは、1年間の無償保証の内容は分かりませんでした。

疑問点の答えを他のサイトで調べてみました。

・1年間の無償保証の内容 ⇒ 保証対象内であれば全て無償修理やiPhoneの無料交換をしてくれます。ただ自然故障のみとなっており、iPhoneなどのスマホでよくある液晶画面割れや水没などが原因による故障は保証対象外です。

・Apple公式の保証サービスAppleCare Servicesとは何? ⇒ Apple製品を購入した際につく1年間の保証と90日間の電話サポートを延長する有料サービスのことでAppleCare+とAppleCare+ 盗難・紛失プランの2種のプランのことをさして記事を書いているようです。

まとめ

今回、iPhoneの有料保証プランを確認して分かったことは

液晶画面割れや水没などを起こしたり、もしくは紛失する可能性が高いは、この有料プランに入ることが有効な手段になります。また2年ごとに機種変更する人は支払いに対する恩恵は小さいと考えられます。

因みに私は、この内容を確認後、すすめられるままに加入した「故障紛失サポート with AppleCare Services」をすぐに解約しました。解約は、My Auのサポートのメッセージでお問い合わせからキャンセルができました。

1年間の無償プランは保証書もなく、内容の認知度も低いようです。販売側が悪意を持って有料プランに誘導しないことを祈ります。

 

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です