相模原チャンピオンジムに行ってきた!!

相模原チャンピオンジムは、2019/5/1 にオープンした新しいフィットネスジムです。以前から広告やWebサイトを見て気になっていました。チャンピオンジムは大手スポーツジムではなく相模原のオーナージムです。マシンはマトリックスの新品のマシンで統一されていました。

オーナーのメイサム エシギ氏は、キックボクシングのチャンピオンだったそうです。だからチャンピオンジムとのことです!!

オーナーのメイサム エシギ氏(右)とスタッフです。

コンテンツ
・チャンピオンジムの概要
・ジムの各エリアの紹介
・まとめ

チャンピオンジムの概要

チャンピオンジムは、有酸素運動のマシンもありますが主に筋トレを主体としたジムです。大手に比べると、ややこじんまりしていますが、新品のマトリックスのマシンが並んでいるのは壮観です。

台湾の会社であるジョンソンヘルステックのブランドであるマトリックスは全世界に展開しています。日本ではJOY FITなどでも使用されています。

神奈川県相模原市中央区相模原2-3-13

 

氷川通り沿いを歩いていくと左側にあります

住所:神奈川県相模原市中央区相模原2-3-13 マリオン相模原ビル B1F
TEL:042-704-9558
アクセス:JR横浜線相模原駅南口から歩いて5分くらいです。駐車場は近所に3台分確保されています。土曜日の午前中に行ったときは3台とも空いていました。
HP:HPはこちらです。



ジムの各エリアの紹介

チャンピオンジムを他の大手のジムと同等に評価してはいけません。多摩スポーツジムと同様、オーナー経営者がいるスポーツジムです。

フリーウェイトエリア

フリーウエイトエリアのエリアの広さは、全体の1/3のエリアです。主なマシンはスクワットラック、スミスマシン、ベンチプレス台、インクラインベンチプレス台、ダンベル(~50㎏)など一通りあります。

一通りのマシンが揃っており、混んでいなければマニアックな人も十分にトレーニングができます。行ったときは、それほど混雑していなく、フリーウェイトエリアを使用していたのは私も含め3人でした。

ベンチプレス台です。セーフティが向こう側にあり設置されていない状況です。

スクワットラックです。こちらにベンチ台をもってくればベンチプレスもできます。

スミスマシンです。

ダンベルは50㎏(下段の左端)まであります。写真に写っていませんが、この右横に同じようなラックがあり軽いダンベルが並んでいます。

「おとたの」視点での評価

おとたのでは、ベンチプレスを対象に独自の評価をしています。このおとたの視点の評価は結構厳しいです。一般のジムではここでの評価が低い場合が多いです。

以前投稿した「ベンチプレスのトレーニング場所」の中にも記載しましたがベンチプレスでの「おとたの」視点は、

「おとたの」の視点
・安全にトレーニングができること
・スタッフや常連の人にベンチプレスに詳しい方がいること
・正式なベンチ台があるのが望ましい
・十分な(量・時間の)トレーニングができるジムであること

の4つです。この4つを満たしているジムは、今までは、ゴールドジムとライフウェル相模大野のフリーウェイトジムの2つのジムです。それでは1つ1つを確認してみましょう。

安全にトレーニングができること

一番大切な要素です。置かれていたベンチプレス台は、MATRIX社の台が1台ありました。残念なことにバーの高さの調整が簡単にできないことです。このタイプの台はバーの位置を2か所設定ができます。高い側が通常使用する位置になることが多いのです。低い側は挙がらなかったり、潰れたときに緊急的にバーを置く位置になります。

バーを乗せる部分が2か所あります。写真は上側の部分にバーをのせていますが、私の体格では高さが高すぎます。

この高い側のバーの位置が高目の設定になっており、私では手が伸び切ってしまった位置になってしまいます。私の身長が173㎝なので日本人としては平均的な身長です。女性が行うのは無理があります。使う人が簡単に高さを調整できることがベターなのですが、固定されている上に位置が悪いのです。インクラインも同様の感じです。

セーフティはありましたが、少し残念なのは少し離れた位置にあり、常設されてず、自分で設置する必要があります。あまりベンチプレスをやったことのない人がセーフティを使用せずベンチプレスを行うことを容易に想像できます。

今回は、重量が重くなった時点でオーナーに補助をお願いしました。やはりバーをラックへ戻すときが難しいのです。

評価は △です。

スタッフや常連の人にベンチプレスに詳しい方がいること

オーナーは、筋トレ全般に詳しく、いろいろとアドバイスも貰えます。トレーニングメニューも作っているそうです。競技で行う人でなければ、サポートは問題ないと思います。とても気さくに話かけてくれるので、補助やアドバイスをして貰いやすいです。

土曜の午前中に2時間程度居ただけなので、常連の人の様子は分かりませんが設備が充実しているので、筋トレ愛好者が集まってきてもおかしくない感じです。

評価は、〇です。

正式なベンチ台があるのが望ましい

床からベンチ台の高さはいい感じですが、ベンチ台の幅がやや狭い感じがあります。またバーの高さも調整しにくいのも課題です。試合用の正式のベンチプレス台ではありません。

評価は、×です。

十分な(量・時間の)トレーニングができるジムであること

ベンチプレス台は1台ですが、現在の使用頻度はあまり高そうではありません。ベンチプレスについては、スクワットラックでも行えますし、インクラインベンチプレス、スミスマシーンなどもあり現在の感じでは問題なさそうです。混み合ったときに一緒にトレーニングができたり譲り合ったりができる雰囲気ができれば、暫くは問題なさそうです。

評価は〇です。

「おとたの」評価は、ベンチプレス台が試合用のものでないことを除き一定のレベルです。

他のエリアと施設

ストレッチエリア

更衣室から出た所にストレッチができるスペースがあります。ヨガマットが置かれておりそれを広げて使うことができます。同時には3人ぐらいでいっぱいのエリアです。備品はバランスボールがありましたが、できればストレッチポールやグリッドがあると嬉しいですね。

最近感じているのは、ストレッチは全ての年齢やレベルの人にとても大事ということです。場合によっては筋トレよりも重要かもしれません。その意味ではやや物足りない感じです。

有酸素エリア

ストレッチエリアの横に、トレッドミル5台ともう一台S-Driveマシンが置かれていました。そのうしろに4台のバイクとクロストレーナーが2台置いてありました。現時点では十分な状況です。

入口付近のトレッドミルです。

トレッドミルの後ろにバイクとクロストレーナーが置いてあります。

マシンエリア

マシンエリアもとても充実しており一通り以上のマシンが置かれています。個人オーナースポーツジムとしてはすごく充実しています。幾つか紹介します。

ラットプルダウンです。試してみましたがやり易いです。

シーテッドレッグカールです。

レッグエクステンションです。

ハックスクワットです。

プローンレッグカールです。こちらも試しましたがやり易いです。

レッグプレスです。

ケーブルマシンです。

ディップアシスト/チンアシスト

他にも幾つかマシンがありました。写真をみて分かる通りマシンはとても充実しています。こちらも参考にしてください。

ロッカーとシャワールーム

ロッカールームはこじんまりしていますがきれいです。またロッカールーム内に2つユニットシャワーがあります。またウォータサーバーもあり使う人にやさしい感じです。

まとめ

個人オーナーのスポーツジムとしてはとても充実しています。まだまだ発展途上の感じです。オーナーが常にジムにいてスタッフも少ないようですが、お客さんへの声がけやサポートはとてもよくやっており好感がもてます。

ぜひ一度体験に行ってみてはどうでしょうか



0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です