60歳代から始める筋トレ 最近良い情報ばかりだけど本当ですか?! 注意して始めないと効果が出ないばかりかデメリットも・・

最近ネットや本屋さんで筋トレの情報をよく見かけるようになりました。中高年の筋トレもアンチエイジング効果があり、体力向上、見た目の変化、ストレス解消等々メリットがあると言われています。

でも本当でしょうか? 25年以上の筋トレ経験者ですが疑問点も沢山あります・・

60歳代の筋トレに関する疑問

色々な本や記事を読む度に疑問に思うことが幾つかあります。

疑問点

・そもそも筋トレって楽しいの?
・筋トレ自体が目的になるの?
・筋トレを継続している60歳代と筋トレが初めての60歳代は全く違う?

等々です。

そもそも筋トレって楽しいの?

個人的な見解ですが、筋トレ自体はそれほど楽しくないのではないでしょうか? 特にスポーツジムにあるマシンを淡々と取り組む筋トレは飽きてきます。

楽しさでは、テニスや野球などのゲーム性のあるスポーツや絶景や新しい景色を見たり、色々な経験できる山歩きやウォーキングの方が上です。

私が、筋トレで喜びや達成感を感じるのは、重い重量が挙がったときや体形の変化を実感した時です。

筋トレ自体が目的になるの?

これも「NO!」ではないでしょうか。

筋トレを行っている人の目的は以下のようなものが多いのではないでしょうか

筋トレの目的

・行っているスポーツの筋肉強化のための補助トレ
・ボディーメーキングのための手段
・パワーリフティングやベンチプレスのパフォーマンス向上の手段
・アンチエージングなど体力維持・増強

等々です。

ボディーメーキングやパワーリフティングのパフォーマンス向上は、かなり筋トレが目的達成に近いところにありますが、筋トレ自体が目的ではありません。

筋トレを継続している60歳代と筋トレが初めての60歳代は全く違う?

筋トレを継続している60歳代は、高いパフォーマンスを維持している人も多いです。また経験者であれば「マッスルメモリー」と呼ばれる機能が働き、一度鍛えた筋肉はそのレベルまでは比較的簡単にもどせると言われています。

よく言われるのが、「筋トレは年齢によらず始めると筋肉は発達してくれる」ということです。このこと自体は事実ですが、若い時のパフォーマンスの伸び方と60歳代の伸びは、もちろん異なります。

多くの中高年に筋トレおすすめ記事はこの辺をあまり取り上げていないことが多く、気になっています。

ベンチプレス愛好家が考える筋トレによるメリット

私は、筋トレ歴は25年以上になりますが、少し特殊なケースかもしれません。

最初の数年は、運動や体力不足解消のため筋トレを行っていますが、その後はスクワットやベンチプレスのパフォーマンス向上に喜びを感じるようになっています。パワーリフターではないのですが、それに近い感じです。

現在でも筋トレの主な目的は、ベンチプレスのパフォーマンスを挙げることです。トレーニングもベンチプレスのパフォーマンス向上する種目が中心です。

私が感じた筋トレのメリットは・・

直接的なメリット:筋トレ後はハイになる、よく眠れる、食事やお酒が美味しい、見た目や行動が若い、目標を達成したときは嬉しい等々です。

反面、筋トレをしないと落ち着かない、体のあちこちが痛い、すぐ太ってしまうなどのデメリットもあります。

精神的なメリット:サラリーマン時代は筋トレが、ストレスの軽減や発散をしてくれました。また何となくですが、以前より自信がもてたり、気分的に落ち着いた感じになった気がします。

これらは一般的に言われている筋トレを行うことで分泌されるホルモン(テストステロン、アドレナリン、セロトニン)の影響かもしれません。

詳細は「筋トレを継続すると メンタルへどんな良い影響がでるの? 悪い影響はないの?」参考にしてください。

中高年の筋トレのメリットは筋肉ナビ 40ワークアウトの記事「中高年がアンチエイジングのためにウエイトトレーニングを始めるメリット5つ」も参考にしてください。

60歳代が筋トレを始めるときの注意点

実は、60歳代になると、筋トレが新たな価値を生んでいます。

60歳代になると、体形は崩れ、体調は不調なところが多くなります。また、なかなか気分を発散できるところがなくなります。

筋トレは、これらのことを解決してくる可能性があります!

でも注意点も幾つかあります!

・筋トレは万能ではない
・筋肉痛より関節や筋の痛みに注意!
・効率的にやるならパーソナルトレーニングがおすすめ

筋トレは万能ではない

ネットのサイトや筋トレを扱った本の中には、筋トレのメリッばかりが記載されたものもあります。でも痩せるだけなら、ウォーキングやランニング、食事制限の方が効果がでます。

また筋トレをすると確かに筋肉はつくのですが、食事が美味しくなり逆に太ったりします。

体調を整えたり、ダイエットのときは、有酸素運動や食事管理などと合わせて筋トレを行う必要があります。

筋肉痛より関節や筋の痛みに注意!

60歳代でも多くの人は、注意して鍛えれば筋肉は反応してくれます。でも筋肉初心者では、筋肉痛が激しくでたり、やりすぎると関節や筋を痛めたりします。特に関節や筋は年齢がいくと痛み易くなるので特に注意です。

効率的にやるならパーソナルトレーニングがおすすめ

筋トレ経験が無い人にぜったおすすめなのが、プロのトレーナーにパーソナルトレーニングを行ってもらうことです。筋トレは奥が深く楽しくできるようになるには、経験や時間がかかります。効率的に自分の目的にあった効果をだすにはパーソナルトレーニングです。

大手のスポーツジムにもパーソナルトレーニングを行うところもありますが、おすすめなのはダイエットやボディメーク、健康増進などを目的としたパーソナルジムです。

関連記事「60歳代もう一度ジムに行こうと考えている人に おすすめのジム! 60歳はまだまだ鍛えどきです!」参考にしてください!

まとめ

筋トレは継続している人も、これから始める人にとっても有意義なトレーニングです。

特に60歳代でこれから始める人は、もしかすると現在かかえている心身の問題が解決できるかもしれないツールになる可能性があります。一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です