昭和の漫画「YAWARA!」東京オリンピック前に読んで欲しいスポーツ漫画! ただのスポコン漫画ではなく、かわいくて、おしゃれで、面白い!

東京オリンピックもあと3ヶ月で開幕ですが盛り上がるためにも、今、浦沢直樹のYAWARAがおすすめです。

ソウル・バルセロナオリンピックで柔道で金メダルを目指すスポコン漫画です。ライバルたちとの闘いはもちろん、主人公の柔がかわいくて、おしゃれです。そして、おすすめなのは、ふんだんに詰まったコメディタッチの面白さです。

東京オリンピックでヒロインを見つけましょう!

 

新しいスポコン漫画 「YAWARA」

浦沢直樹の「YAWARA!]は、ビッグコミックスピリッツの1986年(昭和61年)30号から1993年38号まで連載されていました。私の持っている単行本は全29巻です。他にも漫画文庫版は全19巻、漫画完全版は20巻が発行されています。単行本の累計発行部数は3000万部を記録しています。

当時、ビッグコミックスピリッツも時々買って読んでましたが、単行本の発売を楽しみにしていました。

「YAWARA!]の1~29巻です。13巻だけ赤字に黒の文字はなぜでしょうか? 11巻は間違って2冊買ってしまいました。

「YAWARA!」の魅力

当時から感じていたのは、「YAWARA!」は、間違いなくスポコン漫画なのですが、今まであったスポコン漫画とは一線を画していることです。

ストリーもさることながら、浦沢直樹の画はととも魅力的です。柔がかわいくて、おしゃれ(特に表紙)なのに惹かれていました。

各登場人物のキャラクターが活き活きと描かれています。

更に、猪熊滋悟郎の言動を始めとして、そのコメディータッチな感じがとても新しく感じられます。

そして、ライバルや仲間などのいわゆるスポコン漫画の要素も満載です。

社会への影響

更に人気を不動にした理由の一つに、当時リアルタイムで大活躍してい田(谷村)亮子が柔ちゃんと呼ばれていまいた。人によっては田村が先で漫画が後に書かれたと思う人までいたようです。

田村はその後、世界選手権6連覇(優勝は7回)、オリンピックで金銀メダル各2回、銅メダル1回の輝かしい成績を収めました。

当然これらが相まって、女子の柔道熱が高くなり女子柔道人口が増加しました。

情報はウィキペディアを参考にしました。

登場人物「家族」・「仲間」・「ライバル」

家族

猪熊 滋悟郎:猪熊柔の祖父。全日本柔道選手権5連覇をしており柔に柔道を教えて国民栄誉賞をとらせようとしている。

猪熊 虎滋郎・玉緒:柔の父と母。虎次郎は柔が5歳の時に柔に投げられ行方不明になった。その後、本阿弥さやかを始めライバルのコーチをする。

仲間

花園 薫:柔の母校の武蔵山高校の柔道部主将。後に富士子と結婚する。

伊東(花園) 富士子:柔の三葉女子短大時代の同級生で親友。元バレリーナだが身長が伸び夢をあきらめる。短大に入り柔にあって柔道を始め、全日本女子柔道準優勝しバルセロナオリンピックで3位ななる。

松田 耕作:日刊エヴリースポーツのスポーツ担当記者。柔の柔道の試合を記事にして人々に感動を伝えることが夢。柔のことを好きになるが・・。

ライバル

本阿弥 さやか:本阿弥財閥の令嬢で、柔のライバル。並外れた運動能力と負けん気の強さを武器に、テニス・乗馬・水泳など数多くのスポーツで頂点に立っていた。階級は48 kg以下級。

ジョディ・ロックウェル(左側):カナダの72 kg超級選手で192 cm、180 kgあり、世界選手権72 kg超級の覇者で柔のライバルであり親友でもある。

アンナ・テレシコワ(右側):72 kg超級選手。世界選手権でロックウェルを破って優勝。強い柔の存在を知ってライバルになった。

おすすめシーン

第一話の名シーン ひったくりを巴投げで捕まえる柔。青年誌に連載されたこともあり、サービスショットも・・。

滋悟郎のアドバイスを花園が伝えるのだが、一字一句同じようにと言われ口調が滋悟郎のように。

カナダから突然訪ねてきたロックウェルと練習試合をすることに。試合中に肩を痛め試合は中止に、この時に、いつか大きな大会で再戦することを2で約束した。

柔の親友の富士子も滋悟郎の指導を受け才能を開花させていく。

さやかも虎滋郎の指導を受け強くなった。柔のいない全日本選手権48㎏で優勝。バルセロナの世界選手権でも優勝。

本阿弥さやかのコーチ風祭進之介に恋心を抱いていたが、だんだん松田に惹かれるようになるのです。この辺は少女漫画のようです。

テレシコワは国がなくなり、オリンピックに出られるかどうか分からなくなり、日本に柔を試合をやるためにやって来たが・・滋悟郎にお汁粉をごちそうになり帰っていきます。

バルセロナオリンピックの無差別級で長年の約束を果たします。

そして・・。

まとめ

「YAWARA!」はオリンピックイアーに読むには最適な漫画です。

多くの人が楽しめる要素を持った漫画なので、ぜひ色々な世代の多くの人に読んでもらいたいです。

今回29巻を一気に読んでしまいました。何年も前に読んだ時の気持ちが蘇ってきて楽しい時間を過ごせました。

 

+1

2 COMMENTS

ヒロスケ

こんにちは。YAWARAは名作ですよね。久しぶりに読んでみたいと思いました。電子で読めないか検索します。

0
返信する
otonatanoshii

ヒロスケさん コメントありがとうございます! 1週間で29冊読んでしまいました!!

0
返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です