ウォーキングコース 内裏公園から尾根緑道沿いの梅を見に行った! 

町田にある尾根緑道は、かって戦車の試走用の道を整備した緑道で全長が8㎞あります。季節ごとに梅、桜、紫陽花、紅葉などが楽しめます。

2月~3月にかけては梅が見頃になります。16号線に近い広場に30~40本の梅が植えられていて毎年きれいに咲いています。少し早い気もしたのですが、内裏公園からウォーキングをしながら見に行ってきました。

内裏公園と尾根緑道の概要

2月10日時点で、尾根緑道沿いの梅は全体でいうと2分咲きぐらいです。梅の木の種類が色々あるので、6分咲木もありますが、全く咲いていない木もあります。内裏公園そばの長池公園の紅梅は6~7分咲きでした。

 

梅の花の状況はウォーキングコースのようすの写真をみてください。

多摩丘陵にある都立小山内裏公園は、広大なサンクチュアリ(保護区)があり、公園の大部分が雑木林に覆われています。尾根緑道の一部が公園内を通っています。

内裏公園は面積が46haありとても広い公園です。スポーツ施設はなく、サンクチュアリ以外は、雑木林と幾つかの広場で構成されています。自然を保護するための公園なのです。

内裏公園>


所在地
:町田市小山ケ丘二・四丁目、八王子市南大沢四・五丁目、鑓水二丁目
アクセス:交通京王相模原線「多摩境」下車徒歩10分、「南大沢」から京王バス 南大沢五丁目循環「南大沢学園前」下車徒歩1分
問合先:小山内裏公園パークセンター 東京都町田市小山ケ丘4-4、電話:042-676-8865
駐車場:23台 無料
内裏公園HPはこちら

尾根緑道付近の地図

東京都 内裏公園

関連記事「ウォーキングやジョギングに絶対おすすめ 町田の尾根緑道
関連記事「
ウォーキングコース 都立 小山内裏公園(6月)

 

ウォーキングコース概要

今回のウォーキングコースは、内裏公園を起点に尾根緑道を歩くことができ、ウォーキングをする人にとっては、最適なローケーションになっています。今回も内裏公園を出発し梅を見て再び内裏公園に戻るコースです。

<コース概要>

start(内裏公園 駐車場) ⇒ 鮎道(公園内) ⇒ 内裏公園鑓水小山口 ⇒ (尾根緑道)⇒ 給水塔前 ⇒ 桜並木前 ⇒ 多摩美大横 ⇒ 梅の木広場 ⇒ 多摩境通り ⇒ (尾根緑道) ⇒ 桜並木前 ⇒ トイレ前 ⇒ ここから一般道 ⇒ goal(内裏公園 駐車場)

歩行距離 7.5㎞ 行動時間 2時間でした。梅を30分ぐらい見ていました。

ウォーキングコースのようす

 

駐車場の端に鮎道という道標があります。まずこの道に沿って歩きます。鮎道の由来は、その昔この道を使って鮎を運んでいたそうです。

鮎道はこんな感じです。

鮎道の一番高い位置から給水塔がみえます。後ろの山は丹沢の山々です。給水塔の右横の山並みから少しだけ富士山の頭が見えます。

鮎道から尾根緑道にでると、すぐに奥多摩の山並みも見えます。

尾根緑道を歩いていくとすぐに、鑓水小山口にでます。写真の上側から歩いてきました。

公園からでて尾根緑道を給水塔に向かって歩いていきます。この日は青空がきれいで給水塔が映えていました。

暫く歩くと、桜並木があります。4月にはこの辺は桜がとてもきれいです。

更に暫く歩いていくと右手に多摩美術大学が見えてきます。梅の木がある広場の横の建物は多摩美術大学です。

梅の木がある広場のようすです。遠くから見ると梅の花はあまり咲いていないように見えます。

蕾もいっぱいあります。気のせい紅梅の方が多く咲いているようです。

玉牡丹(タマボタン)です。以前はほとんどの木に名札がついていたのですが、現在はついていない木もあります。

鹿児島紅です。まだ蕾です。

5分咲きぐらいの木もありました。

更に尾根緑道を歩いていくと相原方面の道標があります。ここを左に曲がり相原方面にいきます。真っ直ぐ行くと16号線にでます。

左折して多摩境通りに合流すると、天然温泉のロテン・ガーデンがあります。

多摩境通りを歩いていくとMr Max(モール)が見えてきます。その少し前を左折します。

左折して尾根緑道に戻る道です。

尾根緑道を来た道をもどります。桜並木を過ぎたところにトイレ(写真)がるので、ここから尾根緑道と並行してる一般道を歩いていきます。

一般道はこんな感じです。

内裏公園の駐車場に戻った後に、公園の管理棟の方へ散策に行きました。右手奥は広場になっています。

まとめ

今回のウォーキングの目的は、梅の花をみることでしたが、残念ながら未だ咲き始めの状況でした。ここから3月中旬までは梅見がたのしめます。

今回は天気が良く、青空と山並み、青空と給水塔の景色が印象的でした。

+1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です