ウォーキングコース 歩きごたえ十分 県立あいかわ公園と宮ケ瀬ダム

ウォーキングとトレッキングやハイキングの違いはなんでしょうか?!  昨年はバセドウ病のためにほとんど山にいけませんでした。とにかく体力がなくなっています。 筋トレはある程度できるのですが、生活体力というか、山を歩く体力、気力が失せています。

今回は、あいかわ公園から丹沢の端の南山に向かう見晴らし台(445m)までいってきました。 その後、あいかわ公園を通って宮ケ瀬ダムまで行ってきました。今の私にとっては、坂道が多く歩きごたえ十分でした。

コンテンツ
・ウォーキングコース概要
・あいかわ公園概要
・宮ケ瀬ダム概要
・ウォーキングコース詳細
・まとめ

ウォーキングコース概要

今回のコースは、あいかわ公園から南山手前展望台に行きその後、再びあいかわ公園を通り宮ケ瀬ダムを見に行き再々度あいはら公園にもどるコースです。コースは、起伏があるので歩行距離よりはハードなコースです。

参考までに、昭文社の丹沢に地図のコースタイムでは、あいはら公園から南山手前展望台までの登りは1時間20分、下りは50分です。

コースの概要
あいはら公園 南駐車場(標高182m)⇒ 冒険の森 ⇒ 冒険広場 ⇒ 尾根道登り ⇒ 花の道からの合流点(標高390m、距離1.65㎞、歩行時間 45分)⇒ 南山前展望台(標高 445m、距離 1.91㎞、歩行時間 60分) ⇒ 公園入口(標高265m 歩行距離 3.42㎞) ⇒ 花の森 ⇒ 森のわたり道(吊り橋) ⇒ 花の斜面 ⇒ 風の丘(距離4.7㎞ 歩行時間(含む休憩)115分)⇒ 宮がヶ瀬ダム管理事務所(歩行距離 5.33 歩行時間 131分)⇒ 風の丘 ⇒ 工芸工房村 ⇒ パークセンター ⇒ 南駐車場(歩行距離 7.47、歩行時間 168分)

トータル歩行距離 7.47㎞、歩行時間 2時間48分、標高差 263mでした。

あいはら公園概要

あいかわ公園は県立公園です。かってな印象ですが、県立公園の方が市立公園に比べ規模が大きく整備が行き届いている感じです。

神奈川県愛甲郡愛川町半原5423

住所:〒243-0307 神奈川県愛甲郡愛川町半原5423
TEL:046-281-3646
利用時間: 8:30~18:00(4月~9月)、8:30~17:00(10月~3月)

駐車場:平日は無料です。土・日・祝日及びゴールデン・ウィーク、夏休み、春休みは有料です。有料日の駐車場利用料金は前金制です。普通車:500円 大型・中型:1,500円 二輪車:100円
【南駐車場】駐車台数:大型・中型9台 普通451台
【北駐車場】駐車台数:大型・中型15台 普通206台

アクセス:
小田急本厚木駅 神奈川中央交通バス「センター経由半原」行き「愛川大橋」下車(約60分)→ バス停から徒歩約15分
京王橋本駅 神奈川中央交通バス「三ヶ木」終点下車(約35分)→ 関経由半原行き 「石小屋入口」下車(約15分)→バス停から徒歩15分

 

宮ケ瀬ダム概要

宮ヶ瀬ダムは、東京都心から約50km、横浜や川崎の市街地から約40kmという近さの場所にある、首都圏最大級のダムです。平成13年に神奈川県のほぼ中央を流れる相模川に注ぐ支流のひとつ、中津川に完成しました。詳細はこちら

宮ケ瀬ダムの見学は、あいかわ公園を起点とするのが一般的のようです。歩いて宮ケ瀬ダムまで歩いて行くのは今回のウォーキングコースがおすすめです。

また、あいかわ公園パークセンターと、宮ヶ瀬ダム直下(片道1km・約7分間)を結ぶシャトル便として、イタリア製のロードトレイン「愛ちゃん号」が走っていますので、これを利用するとゆったり周遊できます。
【料金】大人(中学生以上):片道300円、子ども(小学生):片道200円、幼児(4歳~就学前):片道100円

宮ケ瀬ダムの詳細は宮ケ瀬ダムのHPを参照してください。

ウォーキングコース詳細

スタートは南駐車場10:30でした。

駐車場のところに標識があります。左にいくとダム見学です。最初に冒険の森に行くので真っすぐの方向に登っていきます。

冒険の森のアスレチックです。コロナウイルスの流行で人は少なかったですが、家族ずれが元気に遊んでいました。

冒険広場です。冒険の森のアスレチックエリアの一番上まで行くと冒険広場に続くトンネルがあります。写真の右下がそのトンネルの屋根の部分です。トンネルを抜けるとこの広場にでます。左上のところに南山遊歩道の入り口があります。

 

南山遊歩道の登りはこの写真のような感じです。普通に山登りですね。

あいかわ公園の花の森からの登りとの合流地点です。

合流地点からは、ダムが見えます。

合流地点からまた同じような登りが続きます。途中にあるポストの中にヒル用のスプレーが置いてありました。

登ってきた道を振り返ってみるとこんな感じです。体力不足でハアハアと登ってきました。

尾根に出て少しあるくと休憩所があります。ここが見晴台ですかね。ここで少し休憩をしました。駐車場から、ここまで標高差263m、歩行距離 1.91㎞、歩行時間 60分で登ってきました。ここの標高は、GPS付き時計で445mでした。

見晴台からの眺めはそれほど良くないのですが、この先に見晴台が別にあるのかなぁ? ここから、あいはら公園の花の森側へくだり初めました。

下りる方は早く30分かからずに花の森までもどってきました。

写真の森のわたり橋を通って風の丘に向かいます。

風の丘です。ここの雰囲気や眺めはとてもよく、気持ちの良い場所です。ダムも良くみえます。

ダムの上の部分の宮ケ瀬湖です。風の丘からダムまでは登りです、約15分ぐらいで登ってきました。管理事務所があり通常なら中で展示などが見られるのですが、コロナウィルスの影響で中に入ることができませんでした。

ダムの放流側は高低差があり迫力があります。

ダムの上の部分です。

ダムから戻り、あいかわ公園の中を歩いていくと猿が木の実を食べていました。この子以外にも何匹かいました。

風の丘からパークセンター付近をみた感じです。

花の斜面のつつじは未だですが、エリカがきれいに咲いていました。

右側は、工芸工房村、左側は、郷土資料館です。

中央広場の噴水です。

パークセンターです。ここ横からダムへのロードトレインが出ています。今日は、コロナウィルスの影響で運行はありませんでした。

まとめ

県立あいはら公園は、周辺の環境(宮ケ瀬ダムや丹沢山系の山)も含めとても魅力的なウォーキングコースです。今回は少しハードになりましたが、観光要素をもっと入れても楽しめそうです。特に風の丘から宮ケ瀬ダムへの散策は、お気に入りの場所になりそうです。

またこの周辺には、服部牧場や地元で愛されているオギノパン工場などがあり見学やお土産を買うことができます。今回もオギノンの丹沢アンパンを買ってきました。

 

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です