紫陽花の公園 相模原北公園

相模原北公園は花や植物の公園です。公園全体が植物園のようになっています。この季節はなんといっても紫陽花です。紫陽花は相模原の花にもなっています。このためか、北公園には、和・洋種あわせて200種・10,000株の紫陽花が植えられており、6月、7月が見頃です。

6/12に紫陽花を見に行ってきましたので写真とともに紹介します。他にもバラなども咲いていました。

 

 

コンテンツ
・相模原北公園 概要 
・アジサイ園
・ 他の花々
・まとめ

 

相模原 北公園のウォーキング情報はこちら

相模原北公園 概要

相模原北公園は、相模原北総合体育館やスポーツ広場もある公園です。でも何といっても特徴的なのは、公園全体が植物園のように整備されており、四季を通じて植物や花を楽しめる公園になっています。花の管理は、花ボランティアの方々の活躍されています。

特に紫陽花については、とても力が入っており、市の花であることまあり力が入っています。アジサイ園を中心に200種・10,000株があります。

神奈川県相模原市緑区下九沢2368-1

 

所在地:〒252-0134 相模原市緑区下九沢2368-1
電話番号:042-779-5885
面積:10.5ヘクタール

駐車場:
屋内駐車場76台(うち身障者用2台) 午前8時30分から午後10時まで
第1駐車場116台(うち身障者用2台) 午前8時30分から午後10時30分まで
第2駐車場79台(うち身障者用3台) 午前8時から午後7時まで(10月から4月までは午後6時まで)
(注)屋内駐車場と第1駐車場は北総合体育館の休館日は閉鎖

北総合体育館は、2020年6月12日より再開しています。
第2駐車場の方が混んでいることが多く、本日もいっぱいでした。第1駐車場には余裕がありました。

6/12時点で公園は再開しており、花を目当てに多くの人が訪れていました。やや密な場所もありましたので、皆さん注意して花を楽しみましょう。

 

アジサイ園

今回は体育館近くの第1駐車場に車を止め、芸術のプロムナードを通り、公園の中央部分にあるアジサイ園に向かいました。

紫陽花は本当に色々な種類があります。今回改めて感じました。まだ今から咲く種類もあり暫くは楽しめそうです。今回は、北アメリカに自生するアナベルの存在感に圧倒されました。ぜひ見てください。

他の花々

この季節、他にも多くの花々が咲いています。

水辺広場の菖蒲です。白と紫色の花があります。

バラは5、6月と9、10月が最盛期ですが、他に季節でもなにかしら咲いています。今バラも綺麗ですよ。

ハーブ園もあります。紫陽花やバラに比べるとやや地味ですが、好きな人にはおすすめです。

まとめ

北公園は、季節で色々な花が咲いていますが、今は、花を見る季節のうち一番良い季節の一つです。紫陽花すごいですよ!
密にならないよう注意して行きましょう!

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です