動物フェスティバル神奈川2021in 湘南で 我が家の愛猫テンちゃんが18歳の長寿表彰を受けた!!

先日、かかりつけの動物病院に予防注射を受けに2匹の猫を連れて行った時に、獣医さんからテンちゃんが、神奈川県の獣医師会から18歳の長寿表彰を受けましたょと言われました。

現在18歳と6ヶ月のテンちゃんは肝臓の病気を持ちながらも毎日の生活を楽しんでいます。家族と一緒の食事や気に入った場所でくつろぐのが日課です。

最近のテンちゃんのようす

約2年前、テンちゃんが16歳のとき、神奈川県相模原市の獣医師会主催の長寿動物の表彰を受けています。その時までは、とても元気に暮らしていたのですが、その後肝臓が肥大していることが分かりました。

相模原市獣医師会から16歳の長寿表彰を受けたときのテンちゃんです。

現在は、一度に食事が沢山食べられなかったり、吐き戻したり、オシッコを漏らしたりするようになりました。でも相変わらず食べることは好きで、家族が集まって食事をしたり、お菓子を食べていると、必ず横に来ておねだりをします。

 

しょっちゅう食事はしているのですが、吸収も悪いようで以前からかなり痩せてしまいました。

食事を一度にたくさん食べられないのと、食べるのが下手になり食べさせて貰うのが大好きになりました。かまって欲しいというのもあるようです。

以前はカリカリとしたキャットフードも食べていたのですが、現在は食べやすい水分の多いものを好んでいます。小さく切った刺身や人が嚙んだ肉も好物です。

トイレも以前はちゃんとできていたのですが、現在では時々おもらしをしたり、トイレでないところにしてしまうこともあります。

でも、テンちゃんは、今日も家の中の好きな場所でくつろいで生活をしています。

最近の好きな場所は、ファンヒータの前です。テンちゃんの体が乾くので設定温度は低めです。

動物フェスティバル神奈川2021in 湘南とは

動物フェスティバルは、神奈川獣医師会が昭和51年に初めて、今年45回目を迎えたそうです。昨年は延期されたのですが、2021年は、新型コロナの影響でオンライン方式で行ったそうです。

神奈川獣医師会のHPはこちら

長寿表彰は、18歳以上の犬と猫が対象になります。2021年は犬329頭、猫386頭が表彰されました。

我が家の初代の猫のニャンタも、この表彰を受けており我が家からは2匹目の受賞となりました。前回は受賞式に参加した記憶があります。

この賞へのエントリーはかかりつけの獣医さんの方でやってくれます。今年はその病院から2匹受賞したとのことです。

頂いた表彰状です。

表彰状と一緒にもらった動物フェスティバルの冊子には、受賞した全ての犬と猫の飼い主とペットに名前が記載されています。

テンちゃんのお祝いをした!

表彰状を貰ったので早々にお祝いをしました。

不二家のケーキを買ってきてテンちゃんへは大好きなクリームを食べて上機嫌でした。テンちゃんは生クリームが好きなのですが、チューブに入った生クリームなど美味しくない生クリームだと食べないこともあります。

人間より味覚はしっかりしているようです。不二家の苺ケーキはお気に入りで、いつもより沢山クリームをたべました!

我々も、その後お祝いのケーキ頂きました。

まとめ

テンちゃんは、我が家の歴代の猫の中で最高齢を更新中です。食欲が無い日、元気が無い日もありますが、山あり谷ありで頑張っています。

大きな〇〇〇がでると家族みんなで喜んでいる日々です。こんな日々がもう少し長く続くと嬉しいです。

市や県の長寿のお祝いを受けたい方は、獣医師会に所属している行きつけの獣医さんに通っていると

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です