現在 回収中です!!!

ベンチプレス お気に入りのトレーニングが、いつの間にかマンネリ化!?マンネリ化は気持ちしだい!?でも気がつかないことも!!

ベンチプレスのトレーニングは目的を持って、そのトレーニングをある期間継続することがMAX挙上重量にの伸びにつながります。

最初は、重量の伸びもあり、気に入ったトレーニングですが、いつのまにか4か月間挙上重量もずっと同じという期間を続けていました。

でもこれって本当にマンネリ化ですか?? マンネリ化について少し考えてみました。

マンネリ化ってどういうこと!?

マンネリ化の定義は?

改めてマンネリ化の意味を調べてみました。weblioによると

画一的な形式に則ることで目新しさや独自性を失う、または本来の意義が薄れることなどを意味する表現。マンネリに陥るなどとも言う。

少し新しく感じたのは、「独自性」とか「本来の意義」などの言葉が入っているところです。

それでは、トレーニングにおけるマンネリ化とはどういうことでしょうか? 明確な定義はないので考えてみました!

トレーニングにおけるマンネリ化とは

トレーニングがいつの間にかマンネリ化しているということはよくあります。問題はそれを気が付かないことです。

◆記録やパフォーマンスが伸びているとき

同じトレーニングを長く継続していても記録やパフォーマンスが伸びていればマンネリ化ではありません。

トレーニングの本来の意義は、記録やパフォーマンスを伸ばすことなので、同じことをやっていても本来の意義が達成されていれば、OKなのではないでしょうか!

◆やる気やモチベーションは?

次に重要なのは、気持ちです。同じトレーニングを長く継続して、記録やパフォーマンスが伸びてなくても、本人のトレーニングに対する気持ちが充実しており、やる気やモチベーションが高い時はマンネリ化はしていません。

そのトレーニングに意義を感じ、諦めていないからです。

◆ここからが難しいマンネリ化の判断

マンネリ化かどうかを判断するときに付きまとう課題がいくつかあります。

・我慢強い人は、マンネリ化していても気が付かない、諦めない
・薄々マンネリ化と気づいていても、トレーニングを変えない
・トレーニングを変えても刺激が変わらずマンネリ化を続けてしまう
・記録が伸びないのを自分の限界と考える

 

◆マンネリ化の判断フロー

これらのことを考慮してトレーニングがマンネリ化していなかどうかの判断フローを作成しました!

トレーニングメニューと重量の伸び

2021年の3月から6月の4か月間のベンチプレスのトレーニングが結果として全くMAX挙上重量が伸びないだけでなく、MAX更新に挑戦できない期間となってしまいました。

トレーニングのメニュー

補助トレを除くと、ベンチプレスのトレーニングは水曜日と日曜日の週2回行っています。日曜日がメインで水曜日がサブです。水曜日が少しだけ重量を軽くして止めを意識して挙げています。

トレーニングの時はいつも、その日のMAXとセットを行います。

セットメニューは
・3、4月は、5レップ5セット
・5、6月は、8レップ3セット
です。

5レップ、5セットは、トータル10ヶ月間継続しました。

挙上重量の伸び

3月から6月のトレーニングの記録を見て、愕然としたのは結果として、3月の初めに1回120㎏を挙げてから、4か月間その日のMAXは、水曜日は、115㎏、日曜日は、117.5㎏と記録は落ちていました。

MAX挙上重量の伸び
-5㎏です(2020年12月に122.5㎏)。
この魔の4か月の前の2月は、日曜日ごとに120㎏を3回挙げています。 その後の4か月で120㎏挙げるどころか、挑戦もしていません!!

●セットの伸び
5レップ 5セットの重量は、100㎏で変わらず
8レップ3セットの重量は、90㎏⇒95㎏で、5㎏アップです。

何故そうなったの? 調子の良いときの落とし穴

何故そうなったの?

この挙上MAX値の停滞になったのは、心当たりがあります。

実は、年末から2月にかけては調子は悪く、なくむしろ良い感じでした。

トレーニングの経緯
・12月末に2020年のMAX122.5㎏に成功!
・1月は125㎏(NGですが)にチャレンジ⤵ 
・1月~3月初旬にかけて120㎏は6回挙げていて好調!

ところが、3月の中旬に122.5㎏を2回続けて失敗してから挑戦ができなくなりました。

いままで、110㎏⇒120㎏と上げて行ったのですが、122.5㎏挑戦するときは、110㎏⇒117.5㎏⇒122.5㎏と上げていっています。

117.5㎏が軽く感じたときに122.5㎏にチャレンジしたのですが2連続でNGという結果でした。

117.5㎏が相当軽くなったら挑戦しようとして機会を伺っていましたが、結局117.5㎏が軽くなることはありませんでした・・

そして4ヶ月が過ぎたのでした・・

トレーニングの見直し

この魔の4ヶ月間にもトレーニングの見直しを行っています。

ベンチプレスのMAXに挑戦すると、感じるのはボトムから押す力が不足していることを感じていました。

5レップ、5セットのトレーニングはどちらかというと神経系のトレーニングです。やはり自力をもう少しアップしないと、これ以上は厳しいと感じていました。

そこで、変えたのは

・サブの水曜日の5レップ、5セットを止めを入れて筋力アップを意識した
・5月以降は、筋肥大に効くと言われている8レップ、3セットに変更

です。

まだ残念ながら8レップ、3セットの効果は出てないようです。以前8レップで組んでいたセットまでパフォーマンスがもどっていません。

まとめ

長くベンチプレスを継続しているとパフォーマンスはなかなか伸びていきません。

ついつい、そこが自分の限界と諦めてしまいがちです。私も何度もそんな気持ちになっています。

なんとか、自分に合ったトレーニングを見つけてパフォーマンスを改善させていきたいですね。諦めたらその時が終了の時ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です