城山かたくりの里 美しいのはかたくりの花だけではありません! 多くの花が咲き誇る写真撮影に最適な花の丘です

城山かたくりの里は、かたくりの花の群生で有名です。かたくりの花は3月中旬から4月の中旬が見頃です。昨日(2021.3.19)に見にいきました。

5~6割のかたくりの花が咲いています。かたくりの花の寿命は一週間程度です。

でもかたくりの里には、他にも多くの花が咲いているのでそちらも楽しめます。花たちの咲いている状況を写真で紹介します。

城山かたくりの里の概要

城山かたくりの里へは橋本からバスで行くのが定番ですが、約150台の駐車場があるので平日であれば車で行ってもOKそうです。私は、金曜日の10頃に現地に着きましたが、問題なく止めることができました。

個人所有の山林に自生する30万株の「かたくり」をはじめ約100種類の山野草や花木があるそうです。開花時期の1ヶ月間だけ入場料500円で開放されています。

2021年の開園期間は3月13日(土)~4月18日(日)とのことです。

神奈川県相模原市緑区川尻4307

 

場所:神奈川県相模原市緑区川尻4307
TEL:042-782-4246(小林)
アクセス:路線バス 橋本駅北口神奈中バス乗り場①、②番から三ヶ木行きバス 『​城山総合事務所入口』で下車し徒歩20 分。
利用料金:中学生以上500円、身障者と付き添い 無料
営業時間:9:00〜17:003月下旬から4月上旬の季節開園(例年3月第二週より開園)休日:期間中なし
駐車場:無料、約150台分あり

城山かたくりの里のHPはこちら

城山かたくりの里のようす

かたくりの里のようすを写真で紹介します。これから行く人は参考にしてください。

かたくりの里の駐車場のようすです。正面奥の右手の方向にすすむとかたくりの里があります。

かたくりの里の入り口付近にテントが張られて出店が出ています。地元の名物のお土産などが売られています。写真は近隣からでた土器などを展示していました。

かたくりの里の入り口に現在の状況を書いたボードがあります。

入口を入ったところで振り向いた撮った写真です。案内のパンフレットなどが置いてあります。トイレもここにあるので必要な方はどうぞ。

入ってすぐに、かたくりの花が迎えてくれます。

紅花・ミツマタです。この花もとても目立っています。

かたくりの花はまだ今からのようです。HPの写真でみられる群生ほどは咲いていませんでした。

里内には色々な花たちが咲いています。

工房「ゆう」です。陶器がならべられて、販売されています。

かたくりの花とあずまいちげです。

駐車場の反対がわからくると、こんな看板があります。

かたくりの里の花たち

全く拙い写真ですが、里内の花たちのようすを撮りましたので紹介します。クリックすると拡大されます。

まとめ

城山かたくりの里は、色々な花が咲いている花好きにはたまらない空間です。

写真好きの人にも良い被写体がたくさんあり楽しめる場所です。

平日の金曜日に行ったのですが、多くの人がカメラを持って写真を撮られていて、やや密の状態でした。休日は更に混雑すると思いますので、できれば人の少ないところを狙っていきましょう。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です