楽しいベンチプレス

ベンチプレスは楽しいトレーニングの代表です。ベンチプレスに何度も助けられました。ベンチプレスで健康になりました。

楽しい生活をするためには、健康は必要です。今まであまり運動していなかった人は是非いかがですか

ベンチプレスってカッコいいじゃないですか

 

目次
・ベンチプレスは、何故楽しいか
・私のベンチプレスの歴史
・まとめ

ベンチプレスは何故楽しいか

楽しい理由を書いたらきりがありません、主なものを書きますね

目標が達成されていく

 ベンチプレスでは上げる重さの目標を設定しますが、その目標をつぎつぎにクリアーしたときの達成感はすばらしいものです。 目標の重さをあげると、次の目標、その次の目標と前にすすんでいきます。

身体がカッコよくなる

 ある程度の重さを上げるようになると身体のフォルムがそれっぽくなります。 やはり筋肉の着いた身体はかっこいいです

健康になる 

 トレーニングが定常的になると、ご飯や、お酒がおいしいです。食べるものを工夫すると、ますます健康になります。

ストレス解消する

 この項目は大きいです。私もいろいろとプレッシャーを受けていましたが、少なくともジムに行ってベンチプレスをやっている間 は、プレッシャーから解放されていました。その結果ジムにいる時間がながくなりましたが・・

若返る

 身体も健康になり、精神的にも前向きになり若返ります健康診断の結果も改善します。

知り合いが増える

 ベンチプレスをやっている人の年齢は非常に広い範囲です。私の知り合い10歳代から70歳代までです。ベンチの話をするのに年齢はあまり関係ありません。私はベンチプレスで仲良くなった友達が何人もいます

終わった後すがすがしい

 脳から怪しげなものがでている。やっている最中や終わった後はすがすがしい気持ちになります。また早くつぎのベンチプレスをやりたくなります。でも、これがやりすぎて怪我にもつながるのですが・・

こんなにも、いろいろと良いことがあるのに、ベンチプレスをやらないなんてことはないのです。

私のベンチプレスの歴史

 私がベンチプレスを始めたのは、37歳のときです。なんと23年間もやっているのです!!

60㎏を上げるまで

ベンチプレスを最初にやったのは37歳のとき行き始めたジムでです。30㎏からスタートでした。20kgのバーに5㎏×2のウエイトをのせました。

そのジムはスーパー三和が経営していたジムで、当時のスタッフはマニアックな方が多く、入会するときに、ベンチプレスの記録を聞かれびっくりしたのを覚えています。

最初の目標は20kgの大きなプレートをつけてベンチプレスをやることでした。ベンチプレスのトレーニングは1回/週でしたが5ヶ月後には無事60㎏ 10回を達成しました。

100㎏を上げるまで

スーパー三和ジムに4年ほど通いました、最後の年に100㎏に挑戦しました。

挑戦時の90㎏は 3回、3セットが記録でした。当日は100㎏を2回挑戦しましたが上がりませんでした。その後、97.5㎏挑戦し上がりました。

その後公共のジムにしばらく行ってました。100㎏は5年目で無事達成しました。5年での達成は全然早い方でありません。でも37歳スタートで1.5回/週のトレーニングでの達成なので、自己満足してます。

120㎏を上げるまで

限界がだいぶ近づいたことと、5年目以降は仕事の忙しさも手伝って少し間が空くと記録が落ち、それを元に戻すのに時間がかかるの繰り返しを続けていました。それでも16年目の53歳のとき無事120㎏を上げました。

大会に挑戦

なかなか年間を通して調子が良い期間はなく、その後記録は伸びずにいました。

2014年一緒にやっているメンバーでベンチプレスの大会にでました。公式戦ですので、腰はベンチに着け、胸で一度止めるのが必要です。

試合のフォームでは、やはり5~10kgぐらい記録は落ちます。3回ほど大会にでました。記録は115kgでした。

現在は、胸では止めていませんが、なるべく試合用のフォームで上げることを心掛けています。
記録もわずかにのびて125kgを上げました。


まとめ

こんなにもおおくの楽しさがあるベンチプレスです。是非皆さんも挑戦してください。

私は50歳ころから怪我等もあり記録が行ったり来たりです。現在も突然のバセドウ病にかかり、全くベンチプレスができない状況です。

でも130kgを目指し必ず復活します。またベンチプレスの投稿をしますのでよろしくお願いします


1+

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です