ウォーキングコース 上質な雑木林と整備された散策路が楽しめる都立小宮公園

八王子の市街地から近い位置にある小宮公園は、標高150mの丘陵に広がる雑木林を主体とした公園です。雑木林の中は、木道が多く、他の道も良く整備されています。雑木林の中の多くの散策路を楽しめます。

小道を登って行き雑木林を抜けると、ひよどり山と呼ばれている明るい草地が広がっています。

コンテンツ
・小宮公園の概要
・ウォーキングコースの概要
・コースの詳細
・まとめ

小宮公園の概要

今回は、弁天池そばの駐車場に止め散策を開始しました。前日雨が降ったこともあり、緑が深いしっとりとした感じのの中、木道を歩いていきました。小道を登っていくと木道が無くなりますが、草も刈られて歩き易い小道になっています。丘を登りきると広々とした明るい草地に辿り着きます。

八王子市大谷町暁町二丁目

 

所在地:八王子市大谷町暁町2丁目
入園料:無料
アクセス:JR中央線「八王子駅」北口、または京王線「京王八王子駅」から 西東京バス ひよどり山トンネル経由の各バス、バイパス経由宇津木台行き、八王子郵便局経由中野団地行き いずれも「八王子郵便局前」下車、徒歩10分
駐車場:駐車場料金は無料 
弁天池駐車場: 9:00~16:30(夜間閉鎖)10台 うち 2台が身障者用
サービスセンター前駐車場:9:00~17:00(夜間閉鎖)20台 うち 2台が身障者用

ウォーキングコースの概要

今回のウォーキングコースは、小宮公園の中の散策コースです。今回初めて来たこともあるのですが、雑木林の中の木道の中をゆっくりと楽しみながら散策できました。

写真は、小宮公園のパンフレットです。このパンフレットは小宮公園の入り口やサービスセンターなどに置いてあります。黒線が今回歩いたのコースです。

スタートは弁天池駐車場です(右下の入口付近です) ⇒ 弁天池 ⇒ カワセミの小径(木道) ⇒ ほおじろの小道 ⇒ 草地広場(ここまで1.7㎞ 30分) ⇒ 丘の小道 ⇒ うぐいすの小道 ⇒ かわせみの小道 ⇒ ひよどりの小道 ⇒ くぬぎ平 ⇒ おながの小道 ⇒ しろばらの小道 ⇒ サービスセンター ⇒ 駐車場

トータル4.2㎞ 75分のウォーキングでした。

コースの詳細

弁天池駐車場はこんな感じです。

小宮公園の入口です。

 

弁天池と大谷弁財天の社殿です。弁天池の水は、公園内の湧き水を水源としています。

かわせみの小道の木道です。分岐まで暫くこんな感じです。雑木林の感じがとても良いですね。

かわせみの小道の横には小さな小川が流れています。

「ひばりの小道」と「ほおじろの小道」と「こげらの小道」の分岐です。ひばりの小道は、分岐後木道でなかったので、ほおじろの小道を進みました。

ほじろの小道を少し歩くとこのような道になります。一番草が多い季節なのですが、刈られており歩き易い道みなっていました。

小道を登っていくと前方が明るくなります。草地広場に出ました。明るく広々としています。雑木林の中とのコントラストで気分は爽快です。

草地広場です。

おかの小道です。子供たちが歩いていました。

今回は、草地広場の西側と「さんこうちょうの小道」の草刈りをしていて通れない状況でした。整備をしっかりやっているのですね。

今回は、「うぐいすの小道」を使ってもどることにしました。道の感じは、登ってきた「ほじろの小道」と同じ感じです。

ひよどり花が咲いています。

降りてくると木道が現れます。

ひよどり沢のところに東京の名湧き水の標識がありました。

この花は・・?

木道は広範囲で設置されておりとても歩き易くなっています。

ヤマユリが咲いていました。

くぬぎ平のくぬぎです。こんな感じの林があちらこちらに広がっています。

サービスセンターです。新型コロナ対策なのか外に机を設け資料が置かれていました。

まとめ

小宮公園では、上質の散策が楽しめます。木道というのは、何かレベルが1レベルがった感じを受けます。人の手が入らない自然のままの雑木林も魅力的ですが、小宮公園のような整備された公園も、とても魅力的に感じられた今回の散策でした。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です