ウォーキングコース 白川郷

今人気の世界遺産の白川郷へ行ってきまいた。ここをウォーキングコースとして歩いてきました。 11 月中旬ですが、紅葉もしており、天気も良く気持ちよく歩くことができまいた。

少し気になったのは、のんびりした田舎の風景なのですが、人が多く町のキャパを超えている感じでした。 海外の人も多く、この古い日本的感じが海外の人にも好まれるのはやや不思議な感じがしました。

明善寺庫裏

コンテンツ
・白川郷の概要
・白川郷ウォーキングコース
・他の見どころ
・まとめ

白川郷の概要

岐阜県大野郡白川村荻町

 

白川郷の荻町地区は合掌造りの集落で知らています。独特の景観をなす集落が評価され、1976年重要伝統的建造物群保存地区として選定されました。1995年には五箇山と共に白川郷・五箇山の合掌造り集落として、ユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。また白川郷の萩町地区は、今でもここで人々の生活が営まれている集落として知られています。

合掌造りが一般的な民家と大きく違うところは、屋根裏を作業場として活用しているところにあります。幕末から昭和初期にかけ白川村民の生活を支えたのは養蚕産業でした。そのために屋根裏の大空間を有効活用すべく屋根裏を2~4層に分け、蚕の飼育場として使用されていたそうです。

住所 :〒501-5627 岐阜県大野郡白川村荻町
電話番号: 05769-6-1013 (白川郷観光協会)

駐車場:村営せせらぎ公園駐車場が主要な駐車場です。村営せせらぎ公園駐車場は観光案内所・トイレを完備されています。混雑の際は、係員が「寺尾臨時駐車場」や「みだしま公園駐車場」へ誘導してくれます。

せせらぎ公園駐車場:収容台数  大型車 約40台、普通車 約200台 ※二輪車可。
駐車料金  バス・マイクロバス 3,000円、普通車 1,000円、二輪車 200円
営業時間  8:00~17:00

みだしま公園臨時駐車場:収容台数  普通車 120台
駐車料金  普通車  500円、二輪車 200円
営業時間 ~17:00

寺尾臨時駐車場:収容台数  普通車  600台
駐車料金  普通車 500円
営業時間 ~17:00

白川郷ウォーキングコース

手書きの黒線が実際に歩いたコースです。

今回は、せせらぎ公園の駐車場がいっぱいでしたので、みだしま公園臨時駐車場へ誘導されました。みだしま公園駐車場から10分程度歩くと白川八幡宮ですのでそれほど離れていません。また、萩町城跡展望台へ行くのに、行きはバス、帰りはウォーキングでいきましたが、展望台行きルートを通るとそれほど時間が掛からないので、上りも歩くのもお勧めです。

コースの概要

宿泊場所である金沢の香林坊のホテルを9:00頃出発しました。金沢東ICから北陸自動車道にのり白川郷ICで下り白川郷に向かいました。みだしま公園駐車場には10:30頃につきました。大体の時間割は、車での移動 往復 3時間、ウォーキング(散策)4時間、内食事 1時間という感じです。歩行距離は12㎞(17.000歩)でした。民家園と食事に多くの時間を費やしました。散策に3時間ぐらいは取っておくとよいです。

ふらふらと見ながら歩いているので、主なポイントの徒歩での時間を記載しておきます。

総合案内であいの館から 白川郷バスターミナル
白川八幡神社 7分 10分
合掌造り民家園 3分 15分
国重文 和田家 15分 3分
展望台 35分 20分
明善寺 7分 10分

ウォーキングコース:
みだしま公園駐車場 ⇒ 白川八幡宮 ⇒ であい橋 ⇒ せせらぎ公園総合案内 ⇒ 野外博物館 ⇒ 合掌(昼食) ⇒であい橋 ⇒ 本通 ⇒ 白川郷バスターミナル ⇒ (バス) ⇒ 萩町城跡展望台 ⇒ 展望台行きルート(徒歩) ⇒ 和田家 ⇒こびき屋(お土産) ⇒ 神田家 ⇒ 長瀬家 ⇒ 明善寺 ⇒ みだしま公園駐車場



ウォーキングコース詳細

であい橋:みだしま公園駐車場から見たであい橋です。渡るときに前だけ見て歩くとあまり怖くありませんが、下を見たり吊られていることを想像すると少し怖いです。

白川八幡宮:アニメ「ひぐらしのなく頃に」でモデルになった神社です。厳かな感じが漂います。

合掌造り民家園:民家園の入り口の建物も合掌造りです。民家園は、県の重要文化財指定の9棟をはじめ、園内には25棟の合掌造りがります。入園寮 大人600円、小人 400円かかるので、この中は人が少なく落ち着いた感じです。ゆっくりと見ることができました。おすすめです。

民家園内 鳩谷八幡神:建物と紅葉と空がとてもきれいでした。

民家園内の山下陽朗家:島集落から移築したもので、18世紀中ごろに造られた合掌造りの初期の建築物です。

白川郷メイン通り:写真は人が少なくみえますが、実際は多くの人が歩いていました。時々地元の人に車が通っています。観光車両は9~16時は、進入禁止です。

萩町城跡展望台からの眺め:展望台からの眺めは、村の全体像が良く分かります。ぜひ登っていきたいですね。時間が合えば、行きはバスでいくのが時間の節約になります。

和田家:展望台ルートを下りてくると和田家があります。国の重要文化財になっています。とても重厚な建物です。

こびき屋:お土産もの屋さんです。ひととおりのお土産が置いてあります。

 

明善寺:こびき屋を出てメイン通りを暫く歩くと神田家、長瀬家の案内がでています。こちらも見どころです。長瀬家の前の道を歩いていくと明善寺が見えてきます。写真の左手にある明善寺の庫裏も立派な合掌造りの建物です。このあとメイン通りに戻りみだしま公園駐車場へ向かいました。

他の見どころ

屋根の修理:屋根を修理している家があったので写真を撮らせてもらいました。屋根の構造はこんな感じなのですね。

民宿:写真にある2軒は民宿です。合掌造りのこんな宿に泊まることができます。

まとめ

白川郷は日本人なら一度行って見たいところです。合掌造りの家と街並みは、何故か懐かしさを感じます。写真が趣味な人ならば飽きない空間です。できれば季節ごとに何度か来たい場所です。

0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です